普通にしゃべることができない…コミュ障の前に立ちはだかる大きな壁

スポンサーリンク

「しゃべる内容はちゃんとしているけれど、しゃべり方がなんか変。」

「根はいいヤツなのに、マイペースで空気が読めないところがあるんだよなあ・・・。」

 

 

現代の日本はちょっと周りと違う雰囲気だったり、言動が少しおかしかったりするだけで他人から敬遠されてしまう世の中です。

あなたの心が本当は優しくステキな性格であったとしても、喋り方や身振り手振りひとつで

 

「何か変なヤツだな。」

「良くわからないけれど、何かあの人って気持ち悪い。」

 

と感じさせてしまうと、それは人間関係では大きなマイナスポイントになり得ます。

 

一対一ですと、相手の良いところ悪い所をきちんと見分けやすいため、そこまで嫌われたりすることもないかもしれません。

しかし、特に複数の人間がいる中、会社組織や学校、何かの集まりでは、「普通の接し方」「普通のしゃべりかた」ができないと、仲間外れにされてしまう危険性もあります。

 

 

一方、そこまで人を大切に扱わないような軽い人間でも、よく言う「リア充っぽい」話し方ができたり、楽しそうな雰囲気を作る技術をもっていれば、それなりに人が集まってきてしまうことも事実です。

たとえ、人格ではあなたの方が段違いに素晴らしかったとしても、です。

 

つまり「普通のしゃべり方」「普通の雰囲気」すらできないコミュニケーション下手な人達は、その「普通」ができないせいで莫大な損をしているのです。

 

なぜ、普通のしゃべり方ができないのか?「コミュ障には普通の壁が高すぎる!?」

 

この現実を見て、コミュニケーション下手な人が、普通にお喋りの上手な人に

 

「ちゃんと喋れるようになるには、どうしたらいいんですか?」

 

とアドバイスを求めてみるとします。

しかし、その後普通の人から返ってくる言葉は、おそらく90%以上はこうです。

 

 

「え?そんなの、普通にしゃべればいいんだよ。」

「うーん。常識の範囲内で話してみたら?」

「その変な喋り方をやめるようにすればいいと思うよ。」

 

 

このようなアドバイスを返されて、話し下手な人はしゃべり方が普通レベルに向上するでしょうか?

 

 

絶対、無理です。

上達しない理由は、もうお分かりだと思います。

しゃべる事が苦手な人は、普通になりたいのに、ただ単に「普通になればいい」なんてアドバイスしたって、「だから普通になりたくてもなれないから、聞いているんだってば!!」となりますよね。

 

 

100歩譲って、しゃべり方が大分向上したとしても、自分のレベルを上げるためには相当な時間と労力がかかっているはずです。

そして、そこには自分なりの工夫や練習を積み重ね、汗と涙と苦しさが詰まった、たくさんの道筋があるはずです。

 

試行錯誤しながら進んだ道なので、無駄に回り道をした、曲がりくねった道になっています。

きちんとした上達方法さえ知っていれば、その10分の1くらいの時間で到達できたゴールなのにもかかわらず、あなたはそうやって道を作りだし、頑張って進むしかないのです。

 

人は無意識の内に普通レベルのおしゃべりができるようになっている

 

通常、ほとんどの人は子どもから大人への成長過程で、他人とのコミュニケーション方法、自分なりの絶妙な距離感というものを無意識の内に学んでいきます

 

 

自分から人間関係を構築できたり、友達を作ったり、恋人を作ったりという行為は、当然のように行われています。

しかし、それは何の努力もなく、いきなりできるようになったわけではありません。

皆、常に人と人との間に揉まれる内に徐々にスキルアップしていったから、できるようになったのです。

 

 

ただ、無意識の内にレベルが上がっていったので、そこに「自分はイチから今のコミュニケーションレベルまで成長してきたんだ」という意識を持っている人は、ほぼいません。

 

普通にしゃべれない人が、普通にしゃべれるようになるためにはどうすれば良いのか?

 

つまり、人と話すことが極端に苦手な、いわゆる「コミュ障」状態の人は、コミュニケーションレベルを上げることができなかったために、周囲の人々から取り残されているような状況なのです。

 

なので、普通レベルになるために頑張ろうと思っても、他の人達が難なくできる「当たり前」の事が理解できません。

そのため、周囲からは「異端な人」「変な人」と見なされ、軽蔑されてしまうのです。

 

 

この、コミュ障にとっては高すぎる「普通の壁」を超えるためには、さきほど例を出したように、自分なりに人間を観察したり、話し方について勉強して上達するという方法もあります。

 

しかし、この方法はやはりオススメできません。

私もそうやって試行錯誤して徐々にレベルを上げていた時期がありましたが、あまりに時間がかかるのに対して、ほとんど会話力が上達しなかったからです。

 

普通レベルにしゃべれるようになるには、まずは会話の基礎を勉強することが大事

 

そこで、普通の壁を越えられない会話下手な人は、まずは会話の基本的なルールを抑えておく必要があります。

 

 

「どうすれば普通になるのか?」

「何が普通なのか?」

その基礎的なルールさえきちんと学ぶことができれば、今のように極端に変だと思われることはまずなくなります。

そして、基礎さえしっかりしていれば、応用となる面白い話をするテクニックや、周囲の人を楽しませる話し方など、面白いように自分のモノにしていく事ができます。

 

 

なぜ、ここまで断言できるのかというと、私自身が極度のコミュ障で、それを克服してきた経験があるからです。

昔は、人と話すどころか、人の気配を感じるだけでビクビクして泣きそうになってしまうくらいの、重度の対人恐怖症だったのです。

 

それが今、普通に知らない人にも話しかけることができ、仕事も恋愛もストレスなくできるようになりました。

その理由は、

「コミュニケーション力を普通レベルまであげてから、さらに普通以上のレベルまでに上げることができたから」

その一点にあると実感しています。

 

 

自分のしゃべり方が自然になれば、相手にも誤解されることなく、より自分の事を知ってもらえるようになります。

自分の事を知ってもらえれば、ほとんどの人にも信頼されるようになりますし、そうなれば人生の景色は180度変わってきます。

 

 

「私は昔から人見知りで、人と話すことが極端に苦手だ。」

「「雰囲気がダメ」とか「何か気色悪い」と、初対面での印象はいつも最悪だ。」

「オタク気質で変なヤツだと思われているかもしれないけれど、正直自分は悪い奴ではないと思う!

でも、どうやって他人と上手くコミュニケーションを取れば良いのか分からない・・・。」

 

 

もし、あなたがそんな悩みを持っているのなら、勇気を出して話し方の勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

あなたの幸せ度が40%でも、20%でも、3%であったとしても、コミュニケーション力を高めることで、80%にも90%にもなっていくことは十分実現できる話ですよ。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ