美人をほめるテクニックに学ぶ、効果の高い褒め方

スポンサーリンク

前ページ、「美人は安易に褒めない方が良い」では

美人には「カワイイ」「キレイだ」といった

誰でも言うような表面的な褒め言葉は逆効果になることをお伝えしました。

 

 

それでは、容姿端麗な男性、かわいい女性には

どのような事をホメれば効果的なのでしょうか?

 

 

美人の効果的な褒め方を深く探っていき、見つけることができれば、

万人からも好かれる「ホメ上手」になれる日も近いです。

 

 

人をほめるコツは「誰も褒めない所をホメまくれ!!!」

 

 

美人は人生で何百回、何千回と容姿について「可愛い」「綺麗」

と褒められてきたので、外見をホメる人の心の内など見抜いていますし、

心底同じ言葉を投げかけられる事にウンザリしています。

そのため、誰もが褒める点をホメることはナンセンスです。

 

 

それでは、一体どうしたら良いのかという疑問の答えですが、

誰もが褒める点をホメられないなら、

誰も褒めないような部分を見つけ出して、意表を突くように褒めれば良いのです。

 

 

美人の意表を突いた褒め方の例

 

 

大学のミス美人にも選ばれた女子大生Dさんの話です。

その女子大生が最近褒められて嬉しく思った出来事を聞いたところ、

その中に「気遣いを褒められた」「家族をホメられた」

という点がありました。

 

 

「気遣いを褒められた」という点は、

一度数人で食事を食べに行った時に、

Dさんが進んで周りの人に飲み物をついだり

周りの人に話しかけたりしていたことを褒められたことが原因です。

 

 

Dさんは、これまで自分の見た目を褒めてくれる人は良くいるけれど、

自分の些細な行動を褒めてくれる人はあまりいませんでした。

Dさんは自分の気遣いを褒められたことで、細かい行動までみてくれていたことと、

それに感謝されたことと合わせて2倍嬉しかったそうです。

 

 

 

そして、次に「家族を褒められたこと」についてですが、

ふいに兄弟がいるか、どんな兄弟なのかという話になった時、

弟が最近一人で上京した事、両親は自営業で働いていることを話したそうです。

 

 

そのとき、自分の弟を「頼りになるカッコイイ弟だな」

両親のことを「自分が全部の責任を持って仕事するなんて、すごい親ですね」

と高く評価されたそうです。

 

 

Dさんは、自分自身のことを褒められたわけではないですが、

家族の事が誇らしくなり、同時にとても嬉しい気持ちになったそうです。

 

 

褒める所は人の数の何倍もある!焦らずに自然な褒め言葉を投げかけよう

 

 

以上、美人を褒めたときの一例を紹介しましたが、

どれも特別な褒め言葉ではなかったことがお分かりいただけたのではないでしょうか?

 

 

このページの最初の方で、

「人が褒めない所を褒めまくれ!」

「意表をついた褒め言葉を投げかけろ!」

 

みたいな大げさなことを言ってしまいましたが、

だからといって褒める事を難しく考える必要はないのです。

 

 

上の例のように、会話をしている中ですごいと思える発見があったり、

外見を褒めるときも細かい変化に気づき、「雰囲気変わったね」

と一言声をかけてあげることが

相手にとっては感動する褒め言葉になるのです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ