面白い話や発言をするコツ スピーチができる人は話題を準備・練習する

スポンサーリンク

人前で面白い話ができる人や

楽しい会話で場の雰囲気を盛り上げる人を見ると、

まるで天性の才能があるようにも見えてしまいます。

 

 

「私には、とてもあんな真似はできない。

けれども、面白い話ができる人って羨ましいな・・・。」

確かに、生まれ持ったセンスがあり、

お笑い芸人さながらのような会話ができる面白い人もいます。

しかし、実際に楽しい会話ができる人は、

あらかじめ面白いネタや話し方を準備・練習していることが多いのです。

 

 

面白い話・楽しい会話ができる人達の習慣・特徴

 

 

テレビのバラエティ番組で人気のある司会者を見てみると、

会話の内容はすべてアドリブで、

ぶっつけ本番で喋りまくっているようにも見えます。

しかし、トークのプロがいつでも人を笑わせる会話ができるのは、

事前にどんな話が面白いのか、話すネタを常に探しているからです。

 

 

そして、周囲の人間に少し話してみて、

反応が良かったら、さらにおもしろトークネタが

いつでも自然に出せるように練習を繰り返し、試行錯誤していきます。

そうした日々の訓練が自分の身体に身についた結果、

本番では、まるでその場で思いついたような喋り方で

ペラペラと面白い話を展開し、多くの人の心を惹きつける芸当ができるのです。

 

 

ですので、あなたの身近にいる人で面白い話ができる人も、

実際は、あなたがいない場所で同じ会話ネタ・話し方を

何度も試している可能性が高いということになります。

そして、人を笑わせるツボを知る内に、

即興で出した話題でも人の心をつかめるコツもわかってくるのです。

 

 

面白い話ができるようになるには?

 

 

つまり、今までつまらない人間が面白い人になるためには、

面白い話をする人の会話ネタや

テレビなどで楽しい喋り方をする芸能人を研究したりして、

一度自分なりに楽しくなりそうな話を作ってみることです。

 

 

そして、親しい友人、知人などに話してみて

もし反応が良ければ、それは大勢の人達にとっても

楽しめる内容のはずです。

 

 

 

また、自前のトーク術が商売道具のお笑い芸人さんや

バラエティ番組の司会者は、

日頃から「これは!」とピンと来た経験を

いつも携帯しているノートに書きこんでいるそうです。

 

 

そして、書き込んだノートの体験談から、

面白くなりそうな話題をピックアップし、

お笑いのネタを考えていくそうです。

いつも面白い話ができる人は、

こうして話すネタをいくつも記憶にとどめているので、

どんな時でも面白ネタを披露できるのですね。

 

 

また、ノートで楽しくなりそうな出来事を書いて記録しておくと、

気が滅入った時、ナーバスになった時も

その記録を見ては笑ってストレスを解消することもできます。

ストレスの多いクレーム対応の職場などでは、

好きに面白い体験談を書きこめるコーナーを設置していて、

スタッフの不満解消に役立てているという現場もありました。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ