驚きのリアクションで、場をもたせる・盛り上げる方法とは?

スポンサーリンク

会話上手な人は、同時に会話を盛り上げるためのテクニックである

リアクションを極めた、リアクション上手でもあります。

 

 

的確なリアクションや楽しい反応を会話に織り交ぜれば、

周囲に安心感・信頼感を与え、自然と周りに人が集まってくるようにもなります。

 

 

しかし、このサイトをご覧になっている方は、

会話下手な人、人と接すること自体に苦手意識があるが多いと思いますので、

同時にリアクションに慣れていないという人が大半だと思います。

 

 

そこで、以前は誰でもできる一番簡単な会話のしぐさ・リアクションの方法

少しお伝えしたことがありましたが、

今回はさらに気軽に使える「驚き」の感情を伝えて場を盛り上げるリアクション方法

について解説していきたいと思います。

(関連記事:好印象を与えるのに、誰でもできる一番簡単なリアクションの方法

 

 

会話を簡単に盛り上げる「驚き」リアクションの方法

 

 

「すごい!」は老若男女誰でも使える優れた言葉

 

 

すごい!」

「あの人って、スゴそうですね!」

「ええ!?それって凄いことですよ!」

 

 

「すごい!」は老若男女誰でも気軽に使える便利な言葉です。

シンプルな一言でも、感情を込めて少し大げさに言えば、

会話に興味を持って参加していることを相手に簡単に伝えることができます。

 

 

大人になると、簡単な言葉例だからといって軽視されがちな「すごい!」ですが、

どんな場面でも効果的に利用できますし、使ってダメということはありません。

社会へ出ても、年寄りの人との会話でも使えますので、

どんどん驚いてあげて、話を盛り上げていきましょう。

 

 

「マジ!?」は、TPOをわきまえて使えば効果が高いリアクション方法

 

 

相手「この間、○○って所に行ったんだけど・・・」

自分「マジですか!?

 

 

現代になって「すごい!」と同じくらい使われているポピュラーな言葉に

「マジ!?」「マジですか!?」という言葉があります。

 

 

こちらも「驚いています」という感情を相手に伝える

効果的なリアクション方法ですので、

基本的には「すごい」と同じくスキをついてどんどん使っていきたいところです。

 

 

ただ、「まじ」という言葉は「スゴイ」と比べて

少し砕けた汚い言葉例になりますので、

まだ親しくないような目上の人との会話や、

フォーマルな場所での使用は避けた方が無難です。

 

 

本当に驚いたときに使う「信じられない」は話し相手にとって迫真の演技となる

 

 

信じられないわ!

「そんな結果になるなんて、信じられなかったよ。本当にスゴイね。」

 

 

「信じられない」という言葉は、

ここぞと言う時に使えば絶大な効果を発揮する驚きのリアクション言葉です。

 

 

具体的には、本当に自分が意外だと思ったことや、

相手を称賛したり、褒め称えたいと思った時などに使うと効果的です。

 

 

また、上記の会話例のように、

リアクション言葉は同時にいくつか混ぜて使うことで、

より臨場感のある会話を作りだすことができます。

 

 

一緒にいて楽しい人・面白い人になるためには、リアクションを極める道へ進め!

 

 

以上、「驚き」の感情のリアクションについて簡単に解説しましたが、

これ以外にも「意外!」「上手い!」など、

探せばリアクション言葉はいくらでも見つかります。

 

 

 

冒頭にもお伝えした事ですが、

リアクションは会話において絶大な力を発揮します。

 

「何だか一緒にいて楽しい。」

「この人と話すと面白い!」

 

と思っていた人との話の内容を詳しく聞いてみると、

実は本当につまらないスカスカの会話をしていた、なんてこともザラにあります。

 

 

しかし、ということは、視点を変えると

一緒にいると面白い人、楽しい人になるためには、

リアクションが上手い人を目指す事が一番の近道になるということにもなります。

 

 

つまり、楽しい人、面白い人とそうでない人の違いは、

「上手いリアクションができるかどうか」という要素が大きく関与していたのです。

 

 

リアクションをすることが嫌いという人もいるかもしれませんが、

何度か実践していく内に、誰でも必ず慣れていきます。

自然にリアクションが行えるようになれば、人に好かれやすくなる、

好きな人とも簡単に仲良くなれるという莫大なメリットもついてきますよ。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ