何気ない会話で相手の性格や価値観を知る

スポンサーリンク

「あなたは、このお店にあるダイニングテーブルを

一つあげると言われたら、どれを選びますか? 」

 

 

雑談をする上では、上のような「一緒に見ているもの」

題材にした話題を出すことで、いくらでも話が広がるということは

その場で雑談の話題を思いつく画期的な方法にてご紹介しました。

 

 

しかし、上のような質問をした話し手は、そのテクニックを上手く利用することで

ごく自然に相手の性格・大切にしている価値観などを聞きだすことに成功しています。

 

 

 

「どうして何気ない会話の中から、相手の性格や価値観を知ることができるのか?」

今回は、自然な会話の流れで相手の事をよりたくさん知るコツについて

お話ししたいと思います。

 

 

何気ない質問で相手の性格や価値観を知るテクニックとは一体?

 

 

「あなたは、このお店にあるダイニングテーブルを

一つあげると言われたら、どれを選びますか? 」

 

この質問に答えた人が二人いたとします。

 

 

「私は、あそこに置いてある木製のレトロで伝統的な感じのテーブルがいいな。

すごく長持ちしそうだし、何より見ているだけでも落ち着くよね。」

 

「俺なら、このモダンで高級感がありそうなテーブルを選ぶな。

見た目からして「高そう!」って感じるし、きっと家の中が華やかになるからな。」

 

 

 

二人共個性的な意見を言ってくれましたが、

テーブルの選び方一つで、大きな相違点があることが分かりますね。

 

 

 

前者の人は、「伝統的でレトロなテーブル」を選ぶ理由に、

「長持ちしそう」「落ち着く」というメリットを挙げています。

 

 

つまり、派手な生活を求めず、静かでリラックスできる空間が

好きだということが分かります。

 

 

また、「長持ちしそう」と発言していることから、

安くてたくさん買えるお買い得な商品よりも、

シンプルでも良いモノを長く大切に使いたい

という価値観を持っていることも分かりますね。

 

 

 

 

次に、後者の人の発言を見てみましょう。

「モダン」で「高級感があるように見える」テーブルを選んだということは、

おそらく流行に敏感で、新しいもの好きな人だということが分かります。

 

 

また、「高そう!」に見えることや「家が華やかになる」という視点を

商品を選択する理由にあげていることから、

派手な生活が好きで、見栄を張りたい、金持ち・成功者に憧れている人で

物質的な豊かさを重視する価値観を持っていることもわかります。

 

 

このように、聞き手からすると何気ないと感じる質問をすることで、

相手の人物像を、より深く、より簡単に知ることが可能になるのです。

 

 

 

 

また、この質問テクニックは、

「相手の人物像を知りたい」という考えを

上手くオブラートに包んだ間接的な質問にもなります。

 

 

そのため、警戒心の強い人や、自分から話したがらない人に対しても

高い効果を発揮します。

 

 

 

「全然しゃべらなくて無口な人だから、どんな人か分からない。」

そんな人が話し相手の時は、是非何気ない質問をしてみることをお勧めします。

何気ない会話から、きっと相手の人物像が分かる言葉をポロッと聞けると思いますよ。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ