雑談ができる人はどこに行っても信頼される

スポンサーリンク

このような題名をつけてしまうと、

「じゃあ人と喋りまくってたら、誰にでも信頼されるのか。」

と誤解されそうですが、決して「誰とでも」仲良くなれるわけではありません。

 

 

人間関係は、どうしても相性というものが存在しますので、

仲良くなろうと頑張っても無理な相手は必ず存在します。

 

 

 

 

しかし、自分から積極的に人に話しかけることで、

より多くの人から好印象を獲得することができますし、

より多くの人と信頼関係を結べるチャンスを作ることができるようになるのです。

 

 

雑談が人間関係を結ぶための潤滑油になる

 

 

雑談をすることで、全く何も知らない他人から、

ある程度話ができる知人となります。

 

 

そして、さらに交流を深めて、共通点の話題などがでれば、

ある共通点を持っている友人関係に発展することができます。

 

 

そして、あなたがどうでも良さそうな内容の雑談をするので、

相手側からしても気軽な話から、最近のグチなんかも話しやすくなります。

 

 

 

 

「気軽な話しや愚痴を聞くことが、何の意味があるのか?」

と思われがちですが、気軽に話しかけられる事には大きな意味があります。

 

 

気軽に話しかけたり、愚痴を話しかけられるということは、

あなたは相手からかなり信頼されている証拠です。

 

 

 

何でもない雑談を繰り返しているうちに、

相手のあなたに対する抵抗や不安がなくなっていきます。

 

そうするうちに、相手からすれば、あなたは

「自分が思っていることを気軽に話せる貴重な存在」

となっていくのです。

 

 

雑談ができれば、どこへ行っても上手くいく

 

 

雑談を繰り返して、気軽に話しかけられるような間柄になると、

仕事も家庭も上手くいくようになります。

 

 

例えば、雑談で仲良くなった他の部署とのやり取りもスムーズになり、

言いにくい要望なんかもお願いできるようにもなります。

 

 

また、雑談は会社内や身内の関係だけではなく、

外の世界でも幅広く使えます。

 

 

 

異業種交流会やパーティなどで、雑談で仲良くなった相手から

 

「こういうプロジェクトをしようと思うんですけど、

あなたの会社でこの部分を担当してくれませんか?」

 

と話しかけられ、ひょんなところから大きな仕事が舞い込んでくることもあります。

このように、雑談を使いこなすことによって、

大きなチャンスを掴むこともできるようになるのです。

 

 

 

 

ちなみに、雑談の重要性は、

会社のお偉いさんや政治家などの職種の人はよく理解しています。

 

 

 

国家間で大きな取引があるときに、

自分の会社を使ってもらうためには国会議員などの政治家と仲良くなると

ひいきしてくれるようにもなりますし、取引できる可能性がが高まります。

 

 

自分が当選するためには、地方の有力者と親しくなり、

「あの政治家に投票しよう」となれば、一気にすごい数の票が集まります。

 

 

 

元々、仕事も政治も人と人との関係無くしては存在していません。

つまり、人と簡単に関係を深くできる「雑談力」をマスターすることは、

仕事も政治も成功させる強力なツールにもなり得るのです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ