好印象を与えるのに、誰でもできる一番簡単なリアクションの方法

スポンサーリンク

会話中の仕草やリアクションは、場を盛り上げたり、

話を気持ちよく続けるためにも重要なテクニックの1つです。

 

 

しかし、いざ人と話をする時にリアクションをしようと思っても、

一体どのようにすれば良いのか、慣れていない人は見当もつかないと思います。

 

 

そこで、ここでは誰でもすぐに実践出来て好印象を持ってもらえる

一番簡単なしぐさ・リアクションの方法・コツをお教えしたいと思います。

 

 

誰でも簡単にできて、好印象を持ってもらえる仕草・リアクションの方法とは?

 

 

「前のめり」の態勢になって、話を聞こうとする姿勢を見せる

 

 

まず、会話に苦手意識がある人でも自然に取り組める仕草が

「前のめり」の態勢になって、話を聞こうとする姿勢を相手に見せることです。

 

 

このリアクションを使用する時のコツですが、

相手の話で一番言いたいところが出てきそうな時、

盛り上がってきそうな雰囲気の時に、

「うんうん」と頷きながら、グッと体全体を前に出すと効果が高いです。

 

 

このしぐさを出すことで、話し相手に

 

「あなたの話に興味津々ですよ。」

「話の続きが気になって仕方がないですよ。」

 

という無言のメッセージを積極的に送る効果があります。

 

 

「前のめり」のリアクションは、普段無口で無表情な人も自然に使えるテクニック

 

 

ただ単にボーっとした表情で話を聞いているだけでは、

話し相手も「私の話、面白くないかな?」と気を悪くし、

会話を中断してしまう原因にもなります。

 

 

その場をシラケさせないためにも、

聞き手のホスピタリティとして「前のめり」になる姿勢を出して

会話を盛り上げる手助けをしてあげましょう。

 

 

ちなみに、この「前のめり」姿勢の仕草は、ほぼ無言でできるため、

無口で無表情な男性でも簡単に実践できるリアクションですのでお勧めです。

 

 

驚いたように後ろにのけぞる

 

 

次に実践しやすいリアクションに「驚いたように後ろにのけぞる」

という仕草が万人におすすめです。

 

 

ただ単に話の内容に驚いたとき、

常識から考えてちょっと意外なハプニングを聞いたり、

話の山場・物語の結末などを聞いた時など

様々なシチュエーションで臨機応変に使える仕草です。

 

 

このリアクションのコツとしては、

決して恥ずかしがらずに、頭を空っぽにしてから

思い切って行動に起こすことです。

中途半端なリアクションは、相手にとっても聞き手の私達にとっても

嘘くさく感じますし、逆に恥ずかしい思いをすることになります。

 

 

また、さきほど開設した「前のめり」になる姿勢から、

話の結論を聞いてバッと後ろにのけぞるなど、

単体のリアクションを組み合わせて効果を上げることもできます。

 

 

手を叩きながら笑う 体をうねらせながら笑う

 

 

リアクション初心者にオススメする最後のリアクションは、

「手を叩きながら笑う」または「体をうねらせながら笑う」しぐさです。

 

 

この仕草は、文字にして書いた通り、

話し相手が面白い事を言ったときに大げさに披露することで

場を大いに盛り上げる効果が期待できます。

 

 

また、楽しかった時以外でも、

話し相手が失敗してスベッてしまった時などにも有効なテクニックです。

 

 

「手を叩きながら笑う」行為はテレビの芸能人もよく使っているリアクションですよね。

これだけ世間で多くの人が使用している仕草という事は、

その効果・影響も大きいからという証拠でもあります。

 

 

 

ただ、普段から物静かな正確な人、誠実なイメージのキャラの人は、

「手を叩いて笑う」リアクションに抵抗があるかもしれません。

 

 

自分の雰囲気には合わないと感じた場合は、

体を上下左右にうねらせながら笑ったりすることで

話し相手にも自然に好印象を持ってもらう事ができますよ。

 

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ