第一印象を良くする方法 人生で得する人の特徴は見た目表情も良い

スポンサーリンク

「第一印象が良くても後でイメージが落ちたら大変」

「見た目の表情が悪くても、本当の自分を見てくれたら大丈夫。」

 

 

以前の私がそうでした。

「管理人の体験談」コーナーでもご紹介したことがありますが、

私は昔から第一印象が悪いことを自覚していて、

それでも別に良いと開き直っていた人間の一人でした。

 

 

しかし、今になって実感できるようになりましたが、

第一印象が良くなると、いろんな人から好意的に捉えられ、

人から好かれやすい人間になる他、人生でとても得をする機会に恵まれます。

 

 

有名な心理学の法則で「メラビアンの法則」というものがありますが、

その心理学的法則によると、

「人間は最初の2~3秒でその人の印象を決めつけてしまう」

「人は見た目が9割以上」

という実験結果が残されています。

 

 

その2~3秒という短時間の間で、人は何を見て人を判断しているのか?

たった数秒ですから、その人の人間性や会話内容では計り知れるものではありません。

つまり、人の見た目、「外見・表情」で他人を判断しているのです。

 

 

ということは、第一印象を良くするためには、

見た目の判断材料である「外見・表情」を磨くことが

一番の方法だということが分かります。

 

 

第一印象の良い人の特徴 人は、どういう人に好印象を持つのか?

 

 

第一印象の良い人の特徴について調べてみると、

「どんな人に好感を持つか?」という問いに対し、

「笑顔の人」「表情の良い人」という答えが圧倒的多数を占めました。

 

 

見た目には、身だしなみや立ち居振る舞いという要素もあるでしょうが、

やはり第一印象で一番評価される特徴は「微笑みのある表情」なのです。

 

 

特に男性は、笑顔を振りまくことが恥ずかしいと感じる人が多いですが、

普段笑わないと表情筋はどんどん固くなってしまいます。

そのまま放っておくて、いわゆる不愛想な「仏頂面」になってしまいますので、

たまには鏡を見て笑顔の練習をしてみるのもおススメです。

 

 

改めて自分の顔を見てみると、全然笑えていないことに気づくものです。

普段笑わない人は、顔全体に力を入れて、ギュウ―――ッと口角を上げて

はじめて笑顔と言えるような表情になります。

キレイな笑顔を作れない人は、それだけ表情筋が固くなっている証拠とも言えます。

 

 

私も昔、鏡に向かって笑顔をしようと顔を動かしたら、

顔が引きつっているような変な顔になっていました。

自分の顔の表情を自分で見たことがない人は、

だまされたと思ってぜひ一度試してみてください。

 

 

第一印象の良い人・笑顔の表情の良い人が人生得をする理由

 

 

人は、太くて長い付き合いをする人よりも、

ちょっとの付き合いをする人間の方が圧倒的に多いです。

 

 

つまり、はじめに良い印象を持ってもらう事は、

それだけ不特定多数の人に好かれるということにもなりますので、

あなたがどんな環境へ行ったとしても、チャンスに恵まれ、

楽しい人生を送れる時間が非常に多くなるのです。

これが、第一印象の良い人・笑顔の表情の良い人が人生得をする理由のひとつです。

 

 

「見た目は怖いけど、根はやさしい人間」

のキャラクターに代表されるように、ギャップを狙った好印象のコツもあるにはあります。

長い付き合いをする場合は、そちらの方が良い結果となることもありますが、

人は基本的に、自分の好きな人に親切にしようと思いますし、

不安感を与えられる人には近づこうとしないものです。

そしてそこが、人生で損をする人と得をする人の分かれ道・決定的違いともなるのです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ