会話中に目を見ることによる効果と、目線を合わせる適度な時間

スポンサーリンク

人の目を見るのが苦手な人や、人と目を合わせられない人は、

何が原因で人と目線を合わせることができないのかを考えたことはありますか?

そして、人の目を見れない理由は何か、答えを知っていますか?

 

 

 

 

その答えは、恐怖心です。

人の目を見ることができない人は、

人と目を合わせる事が怖いから、むやみに他人の目を覗くことができないのです。

 

 

そして、目線をそらされる相手もまた、

なぜ目をそらすのか?今話している内容とは別の事を考えているのか?

と、目をそらす人に対して不信感が募り、次第に恐怖心が高まっていきます。

 

 

以上のことを考えると、相手の目を全く見ないというのは

人間同士のコミュニケーションにおいて大変な障害となり得る要素です。

会話中にどこを見たら良いか分からない人へ アイコンタクト解説

でもお話しましたように、終始相手の目を見続けるのは問題ですが、

ずっと目をそらしたままでいると、話し相手も不審に思ってしまいます。

 

 

そこで、今回は意外と知らない「人の目を見ることによって得られる効果」と

目を合わせるのが怖い人の克服方法、

そして目線を合わせる適度な時間について解説したいと思います。

 

 

人の目を見ることによって得られる多大な効果とは?

 

 

他人の目を見ることによって得られる主な効果としては、

相手の恐怖心を無くすことと、

相手から好感を持たれて信頼関係を築きやすくなることがあります。

 

 

適度な時間は後述しますが、

数秒間じっと相手の目をみつめることで、

私達が好意を持って接している事を強く伝える効果があります。

 

 

そうすることで、相手の恐怖心も消失させることができ、

人間関係をよりスムーズに築くことができるようになります。

 

 

 

また、よく異性の好きなポイントを聞いた時

「笑顔のステキな人」という意見がありますが、

これは、ただ単に笑顔を作るだけではなくて、

相手の顔をじっと見つめることによってはじめてその条件を満たします。

 

 

笑顔と目がステキな人は、異性にも同性にもモテます。

そして、同時に誰とでも分け隔てなく仲良くなれるのです。

 

 

人と目を合わせるのが怖くてできない人の簡単な克服方法

 

 

目を合わせることが怖くてできないという人は、

簡単な練習で克服することができます。

 

 

その方法ですが、家族でも誰でも良いので、

数十秒~1分程度の間、じっと相手の目を見つめる練習をしてみましょう。

 

 

そして、ただ単に見ることに慣れてきたら、

今度は相手の目を見た状態のままで笑顔を作ったり、怒った顔をしたりして

表情を変える練習をしてみましょう。

 

 

以上の練習に慣れてきたころには、

人の目を見ることができない症状はほとんど収まるはずです。

自信を持って実践で人と目を合わせてみましょう。

 

 

人と目を合わせる最適な時間と、他人の目を見る時のコツ

 

 

人の目を見る時に一番最適なタイミングは、人と話をする直前です。

その時に目を合わせる適度な時間は2~3秒程度が好ましいです。

また、相手の目を見る時は、自分の目を大きく見開いて

優しくも力強い目を意識しましょう。

 

 

不安感や不信感が強いと、この2~3秒がとても長く感じられますが、

心に余裕を持ち、表情に微笑みを持って相手の目を見れば、

不思議と目を合わせることに抵抗がなくなるはずです。

 

 

以上のコツを心に意識しておけば、

あなたは信頼できる魅力的な相手として相手の目に映るでしょう。

 

 

 

 

あと、よく接客業などで「口は笑顔だけど目が笑っていない。」

という言葉があります。

 

 

これは、その人の見たままの感想の時もありますが、

「表面上は笑顔だけど、裏では笑っていない。」

という意味の比喩表現として用いられることが多いです。

 

 

口角を上げて笑顔を作ることだけが表情の全てではないのです。

口だけではなくて、目も一緒に使うことで

はじめてあなたの表情は輝いて見えるようになります。

「目は口程に物を言う」会話でアイコンタクトが重要な理由とその効果

でもお話しましたが、表情を作る時は、

「目と口」を特に意識するようにしましょう。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ