会話本を読んで会話力が向上しない理由と、私が学んだ本物の会話教材

スポンサーリンク

会話下手な人間が会話上手になるためには

そのレベルに適した教え方が必要になります。

 

 

 

たとえば、小学校1年生レベルの知識と経験しか無い人間が

中学生で習う数学の方程式など絶対に解けませんし、

解き方の説明を受けても、理解すらできないでしょう。

 

 

小さな子供に、大人の事情について詳しく説明しても

なぜそんな事情が通じるのか、

全く理解することができないはずです。

 

 

 

人間が学習するとき、この法則はどんなことにも当てはまります。

その時のレベルにあった学習を重ねて

徐々に段階を追っていかなければ、

さらに高度な応用技術を習っても理解することはできません。

 

 

会話も同じです。

会話下手な人が、ある程度会話ができて、

さらにスキルアップを図りたいという人向けの書籍を読んでも

ほとんど効果が表れません。

 

 

 

残念な事実なのですが、

本屋さんで販売している一般書籍で手に入る情報というのは、

中級者~上級者向けの、応用テクニックともいえる方法を記載している本ばかりです。

 

 

コミュニケーションを全く取ってこなかったような初心者向けの本というのは

需要が少ないためなのか、ほぼ見つかりません。

ほぼすべての人間が、学生時代に自然に会話を覚えるので

会話の教科書」といえるような代物は存在しないんですね。)

 

 

また、初心者でも使える会話方法について書いてある本があったとしても、

その書籍に書いてある全てが会話下手の人達に使えるという本はありません。

 

使えるテクニックを試してみて「おぉ、この本は本物だったな!」

と思っていて、次の方法で失敗すると「なんで上手くいかないんだ?」

と混乱し、原因が分かりままになるので

いつまで経っても解決できません。

 

 

 

私も、会話についての本は数百冊見てきましたが、

コミュ障の私にとっては、時間の無駄になるばかりか、

はっきり言って逆効果になるケースが大半でした。

(会話のコツがつかめた今では、大変参考になっています。)

 

 

そんな、十数年コミュ障を続けてきた私が

会話上手になれたのは、こちらの書籍があったからです。

 

人に好かれる会話術【男女兼用】

(人に好かれる会話術の詳しいレビューについてはこちら)

 

会話術は今後の人生において、一生の価値があるものなので

今では私は非常に安い買い物だったと感じています。

 

私はこの、会話に苦手意識を持つ人が抜け出せない理由と

コミュ障を最短距離で克服する方法に巡り合うのに

大変な時間がかかってしまいました。

 

 

 

しかし、この人に好かれる会話術に出会ったことで

今までなぜ上手く会話ができなかったのか、

なぜ本に書いてある方法が上手くいかないのか、

はっきりと分かったのです。

 

 

たとえば、私が初めに衝撃を受けたのが、

人に好かれる会話術の紹介ページにも書いてある

「話し上手は聞き上手はウソである理由」という項です。

 

 

どんな書籍を読んでも必ず共通して書いてある

「話し上手は聞き上手」という項目。

 

実は、これは上級者ならその通りなのですが、

初心者が鵜呑みにしてしまうと必ず誤解してしまう項目なのです。

(その他、「人に好かれる会話術」の内容詳細についてはこちら)

 

 

このように、一般に販売されている書籍は、

より多くの人に手に取ってもらうだけのために作っているので

会話初心者のことなど全く考えていません。

 

 

その他にも、紹介ページを見ていただければ分かりますが、

普通の書籍や、会話教室などでは絶対に教えてくれない

会話下手が躓かずに上達する会話法について

余すことなくまとめ上げられています。

 

 

会話下手が会話上手になるために必要なことが全て網羅してある

豊富な情報量と、良質なテキストのおかげで

私も「会話下手は努力しても無駄」

という負のスパイラルを脱出することができました。

 

 

長くなりましたが、私が会話に苦手意識を持つという人に

自信を持ってオススメできる書籍は

今のところ、この「人に好かれる会話術」しかありません。

 

そこで、今までの管理人の知識と経験をもとに、

会話に苦手意識がある人でも最短距離で会話力向上につながる勉強法について

「会話下手から会話上手へ!会話教材ランキング・口コミレビュー」コーナー内の

「会話力の苦手意識を最も早く克服できる最短距離の勉強法(会話商材紹介)」にてまとめました。

 

 

会話ができずに何年も、何十年も無駄にするのは

本当に勿体ないことです。

 

信頼性と効果は間違いありませんので、

会話にもっと積極的になりたいけれど、一歩踏み出せないというあなたには

最高のパートナーとなってくれるはずですよ。

 

「会話下手から会話上手へ!会話教材ランキング・口コミレビュー」

「会話力の苦手意識を最も早く克服できる最短距離の勉強法(会話商材紹介)」

人に好かれる会話術【男女兼用】の販売ページはこちらをクリック

 

「管理人の正体」へ戻る

トップページへ戻る

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ