思わず「あの人は感じのいい人だなあ」と思われる会話のコツとは

スポンサーリンク

「感じの良い人」

と聞くと、想像する人物像に少しの違いはあるとは思いますが、

だいたい次のような人を指すのではないでしょうか?

 

 

急なお願いにも笑顔で快く対応してくれる

 

優しい雰囲気でいつでも丁寧な対応をしてくれる

 

話相手に対して傲慢にならず、へりくだった態度を取る

 

どんな人にも明るく話しかける

 

人を絶対にけなしたりしない・いじめたりしない

 

自分から進んで周りの手伝いをしてくれる

 

周りの人を立てる

 

 

などなど、考えればいくらでも出てきますが、

これら「感じの良い人」だと感じる印象は、

日々の言葉遣いや話し方が大きく影響しています。

 

 

感じの良い人だと思われる方法とは

 

 

身勝手な行動を慎み、周りと協調・協力する姿勢を見せることです。

身勝手な行動とは、自分の感情ややりたいことだけに振り回されてしまうことです。

 

 

 

 

世界のどこで生活していたとしても、

自分勝手な行動ばかりとる人は非常に嫌われます。

 

 

例えば、会社に所属していて

「自分はこれがしたいから」という理由で、

周りがバタバタと忙しそうにしているのにも関わらず、

自分だけ悠々自適にしていたら、周りはどう思うでしょうか?

 

 

 

 

きっと周りの人は

「ちょっとは周りの空気を読んで、手伝ってほしいな」

と思うのではないでしょうか?

 

 

確かに、自分の仕事を終えていれば、

周りの仕事を手伝いなさいというルールなんてどこにも存在していないでしょうし、

何をしようが自分の勝手でしょう。

 

 

しかし、基本的に人間は自分勝手な生き物です。

手伝わなければならないという規則がなかったとしても、

周りの空気を読もうとしない人間に対して不満を募らせるのです。

 

 

 

 

しかし、そんな時に「何かお手伝いしましょうか?」

と積極的に話しかければどうなるでしょうか?

 

 

「なんていい人なんだ!」

「やさしくて頼れる人だな」

本当に勝手ですが、周りの人はこれまでの考えを180度改めるかもしれません。

 

 

 

 

また、自分の感情に振り回されないように気をつけることも重要です。

少し気に入らないことがあったとしても

イライラした感情を表に出して、ツッケンドンな話し方をしないようにしてください。

 

 

周りの人にとっては、あなたにどんな悲しいことが起こっても

まったく関係のないことなのです。

 

 

それどころか、ツンとした機嫌の悪い態度で話していると、

「あいつは情緒不安定で気をつけた方がいい。」

と、危険人物に指定されてしまうかもしれません。

 

 

 

 

人は、自分の心の中・内側に視点が向かってしまうと

自己中心的な言動をしてしまいがちです。

 

 

そうならないためにも、普段から周りをよく見て

客観的に状況を判断し、行動を選択することが肝要なのです。

 

 

普段のささいな行動が、自分の性格を決定づける

 

 

「良い人だと思われるように頑張ろう」

と考え、言葉遣いや対応に気を使うことは非常に良い事ですが、

継続しなければ大きな効果は得られません。

 

 

ちょっと躓いたり、落ち込むことがあったからといって

周りにイライラをぶつけてしまえば、途端に化けの皮がはがれてしまうでしょう。

 

 

 

 

「感じの良い人だな」と思われるような人は、

日頃から言葉遣いや態度に気を遣う習慣ができあがっています。

懇切丁寧な対応をすることがクセになっているのです。

 

 

いつでも相手の立場に立った、親切で優しい話し方を心がけているので、

それがいつしか癖になり、その人の人物像を完成させていったのです。

 

 

 

 

はじめは「感じの良い人」の真似事や、

親切な対応になるように気をつけることから始めれば大丈夫です。

 

 

そして、「感じの良い人」を目標にして、日々行動することで、

成長の早さに違いはあれ、いつの間にかあなた自身が「感じの良い人」

になっています。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ