機嫌が悪い、見た目の印象が悪いと言われる人の特徴

スポンサーリンク

外見・顔の表情だけで損をしている人がいます。

特に男性に多いのが、普通にしているのに

 

 

「なんだか怖そうな人。」

「怒ってるのかな?」

 

と言われてしまう人です。

 

 

実際にに怖い仕事をしているわけでも

怒りの感情を持っているわけでもないのにも関わらず、

みんなに誤解され、避けられている人がいます。

 

 

 

 

「怖そう」「性格悪そう」「機嫌が悪そう」

人にマイナスな印象を持たれてしまう人は、

生まれ持った体格や顔つきが原因と決めつける人がいますが、

決してそんなことはありません。

 

 

どんな大柄な人であれ、どんな顔の形であれ、

その人が持つ雰囲気を決めるのは「表情」に他ならないのですから。

 

 

表情がもたらす人のイメージ

 

 

よく、人柄が本当に良い人や品の良い人は顔を見ただけで分かると言うように、

人は顔の表情にその人間性がにじみ出ると言われます。

 

 

それでは、品の良い人というと、

どのような表情をイメージしますか?

 

 

 

 

きっと、ニコニコした表情で優しそうな人を想像するはずです。

 

現実に、「イイ人そうだな」「やさしそうな人だな」

と思われて、知らない内に人が集まってくるような人の表情は、

顔がキツイ人が無理やり笑顔を作ったような表情ではなくて、

普段から少し微笑んでいるような、穏やかな顔つきになっています。

 

 

 

 

「でも、顔つきが凶悪な人でもいい人はたくさんいるよ!」

確かにその通りです。私もその意見には賛同します。

そして、その傾向は男性に多いのですが、

だからこそ第一印象で悪いイメージを持たれないように対策しておけば、

大きなメリットを受けることができます。

 

 

例えば、怖そうな強面の顔つきの人達が並んでいる中で、

一人だけ優しそうな雰囲気の人がいたら、

あなたは誰に話しかけようと思いますか?

 

 

絶対に優しそうな人に話しかけますよね?

このように、品が良いと思われる顔つきになることで、

他の人よりも「チャンスをもらえる回数」も自然と増えているのです。

 

 

 

 

「人は中身が勝負」という言葉はその通りだと思います。

しかし、やはり「顔つき」「表情」によって、

人の印象を左右し、損得の違いが明らかに出てしまうのは間違いないことなのです。

 

 

であれば、きつい顔つきにならないように意識した方が

人生をより楽しく過ごせるようになることは、誰の目から見ても明らかですよね?

 

 

なぜ、人は人を見た目で判断しようとするのか

 

 

子供の頃や、青年期の頃は

顔の筋肉も柔らかいため、きつい顔つきの人でも

笑えば本当にキレイで素敵な表情に変身したりするものです。

 

 

しかし、年を重ねると、老化が進み、顔の筋肉が衰え、

シワが目立つようになってきます。

 

 

そして、これまで長い間続けてきた顔の表情によって

独特な顔つきのクセ、しわのつき方のクセがついてきます。

 

 

これまで怖い顔つきで日々過ごすことが多かった人は

より一層怖そうな、品の悪そうな顔になります。

そして、老化により顔の表情筋が固まってしまっているので、

笑顔になっても、どこか凶悪そうな表情になってしまうのです。

 

 

 

 

それに比べて、本当に品の良い人、人格が洗練されている人は

老人になっても笑顔がステキです。

さらに、しわのつき方もやさしい感じになっているので

より一層人間性がにじみ出てくるように見えるのです。

 

 

 

試しにホテルオークラなどの高級ホテルで食事をする老夫婦と

呑み屋で酔っ払っている人の表情の平均を比べると

その違いが良くわかります。

(注意:飲み屋にも品の良い人はたくさん来ます。あくまで平均値の話です。)

 

 

少し意識して周りの人達を観察すれば、

あなたも「関わりたい」「話しかけてみたい」と感じる人と、

「関わりたくない」「近づきたくない」と感じる人の表情の違いに気づくはずです。

 

 

 

なんだか差別しているみたいに聞こえるので

あまり言いたくはないことなのですが、

それほどまでに顔つきにはその人の「生き方」「人生」が映し出されています。

 

 

そしてその目に見える人生である「顔の表情」

すべての人が、人の性格・人間性を判断する材料にしているのです。

 

 

 

ですからもし、あなたが今これまでの人生経験から

「笑顔になるのはよっぽどのことがない限り止めておこう。」

と考えているのであれば、できれば考えを改めることをお勧めします。

 

 

なぜならば、あなたの今の表情の積み重ねが、

あなたの未来を決めることにもなるのですから。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ