気の強い部下や苦手意識のある同僚との会話方法・対応・指導のコツ

スポンサーリンク

何でもわがままな態度で接してくる気の強い部下や

何か話していると嫌な気持ちになる、苦手意識のある同僚がいると、

仕事自体が忙しくなくても毎日疲れてヘトヘトになってしまいます。

 

 

以前にも、人と仲良くなるための対処法として

相手と同じような口調・態度で話すことがコツだとお伝えした回がありましたが、

そうすると、相手が今まで以上に強気な態度で前へ出てくることもあります。

(関連記事:「「気が合わない人」ばかりで馬の合う友達がいないと悩む理由と改善策」)

 

 

基本的に、人間は似たもの同士、同じような性格の人を好きになる傾向がありますので、

相手と同じペース・同じ声の高さで話すことは間違っているわけではありません。

しかし、例外的に同じタイプの人間を見つけると、

ぶつかり合って収集がつかなくなるというケースもあります。

そういった場合、いったいどういった対応をすれば良いのでしょうか?

 

 

部下との会話でこちらだけが疲れる場合は、大人の対応に変える

 

 

こちら側が部下や下の位の者に譲歩して、会話を合わせるようにしていると、

生意気でわがままな部下がどんどん調子にのる可能性があります。

そして、その部下が実際に仕事のデキる人間だとさらに厄介です。

上司のあなたや同僚を軽く見て、会社内外で自分の好き放題に行動するようになります。

 

 

こんな部下を持つと、指導で育てるどころか部下そのものが嫌いになり、

話しかける気さえも起きなくなってしまいますよね。

最近では、部下をどうしても好きになれないという悩みを持つ人も増えているようです。

 

 

ムカつく部下とまともに対応しているとこちら側だけが疲弊してしまいますので、

そんな時は、一転して大人同士の会話をするように対応を変えてみましょう

具体的には、下のような感じです。

 

 

部下に引っ張られている上司の会話例

 

 

部下「ええー。これ、こんなノルマ絶対私できないですよ。厳し過ぎー!」

上司「ええ?でも、目標になってるから、どうにか努力して頑張らないとね・・・」

部下「いやー、どう考えても無理でしょ。上の人にも言っといてくださいよ。」

上司「うーん、そうだなあ。ちょっと次の会議まで考えてみるよ。」

 

 

上の会話例では、部下の強引なペースに上司が引っ張られてしまい、

言われるがままの状態になっています。

一見して、上司は強気な部下に対して成す術がないような気がします。

 

 

それでは、この会話を大人の対応に変えたらどのように関係が変わるのでしょうか?

実際に見ていきましょう。

 

 

強きな性格の部下に対して大人の対応を取った上司の会話例

 

 

部下「ええー。これ、こんなノルマ絶対私できないですよ。厳し過ぎー!」

上司「え?何がどう厳しいのか、ノルマが達成できない理由を教えてくれないか?」

部下「だって、現状の売上ペースから考えて、どうやったら達成できるか想像もできないですもん。」

上司「それは重大な問題だな。ノルマ達成について詳しく話したいから、

あとで会議室に来てくれないか?」

部下「はい。分かりました。」

 

 

決して子供と大人の言い争いではなく、

上司が部下と大人同士の会話に持っていくことで、

今度は会話のペースを上司が持つことができています。

 

 

これまでは、強気な性格の部下に言われるがままで、

全く話になっていませんでした。

しかし、きちんとした大人同士の会話の場を設けることで、

ノルマ達成についてだけではなく、

部下と上司の関係をきちんと築き上げることができるようにもなっていきます。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ