接客スキルを上げるコツ 売れる販売員の特徴とダメ社員との違い

スポンサーリンク

店舗の販売員さんが来店したお客様を接客する時、

お客様とお店の社員は「買う側」「売る側」

という大まかな立場は決まっているものの、

はじめて顔を合わせる初対面の関係に他なりません。

 

 

他人同士で相手の事を何も知らない、

そんな状況からモノを買ってもらおうと話しかけるわけですから、

無視されたり、何も反応が返ってこなかったりしても

ごく自然で当然の結果だという見方もできます。

 

 

 

「そうだ。お客さんとは会ったこともない他人同士なんだから、

私が接客して売れなくても当然じゃないか。」

 

しかし、こんなアウェイな状況であっても、

次々に商品を紹介し、販売実績を上げる販売員や

訪問営業を繰り返した結果、成績を上げる保険セールスマンなど

売れる人間は実在します。

 

 

彼らはバケモノか?それとも自分が役立たずのダメ人間なのか?

一体、売れる営業マンと売れないダメ社員の違いとは何なのか?

今回は、接客スキルを上げる方法について、

接客上手な販売員の特徴を例に挙げながら解説していきたいと思います。

 

 

接客上手な人の特徴 売れない販売員との違い

 

 

接客上手で成績上々の人達の特徴として、

その業界の専門家・アドバイザーのように振る舞っている点があります。

 

 

「これが良いです!」「これが買いです!」

というような、半ば強引で一点張りの押し売りは決してせず

「お客様と一緒に商品を選んであげる」というスタンスを取っていて、

お客様も自分も両方焦らず安心感を持てる雰囲気を作ろうと尽しています。

 

 

アパレルショップの店員さんなら

「普段はどのようなイメージの服を着ていらっしゃいますか?」

「カジュアルよりも、キレイめな印象のコーディネートをお探しですか?」

「とても良くお似合いです。あと、こういったタイプのインナーを合わせると、

スタイルがより良く見えますが、こちらはあまりお好きではありませんか?」

 

 

このように、自分の主張を通さず、あくまで相手の好みや価値観・特徴に合わせて

一緒に商品を探していきます。

この時、商品の説明については、相手から聞かれない限り

絶対にしないのがコツの1つです。

 

 

接客スキルを上げる重要なコツとは?

 

 

大切なのは、マインド部分が大きく占めています。

「ノルマがあって、それを達成しなければならないから商品を売りまくる」

というギラギラした欲望・希望が頭の中で巡っていると、

販売員特有の威圧感のあるイケイケムードが出来上がってしまいます。

 

 

しかし、接客スキルの高い売り子の名人さんは、

販売員としてのオーラを消し、専門家・お客様アドバイザー

として成りきり、キャラクターを演じ切ります。

 

 

心の底から助言者だと思いこんでいるので、ギラついたイメージは消失します。

そのため、お客様も相手が嫌らしい目つきをした販売員とは気づきません。

(決して販売員が悪い性格ということではありません。)

「この人だったら私にピッタリの商品を選んでくれるかもしれない。」

「いろいろ親身に考えてくれるし、安心してお買い物ができそう。」

と、信頼感を持ってお買い上げいただけるということです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ