中身のある会話をする必要はない

スポンサーリンク

「人と会話をするためには、

あまり意味のないような、バカだと思われるような内容は避けなければならない。」

 

 

会話が苦手な人は、内容の薄い会話をしないように

気をつけようとする人もいますが、

実はそれは逆効果です。

 

 

 

あなたは、学校のクラスでひときわ楽しそうにワイワイ話す集まりや、

キャッキャとはしゃぎながら話す女の子の会話内容を

詳しく聞いたことがありますか?

 

 

 

 

ほとんど中身のない、薄い話題で会話をしていますよね。

特に、女性間での話なんか、どこどこのスイーツが美味しいとか、

芸能人のダレダレが破局したとか、

手の指が長いや短いとか、

ここから見えるあの建物がアレに似ているとか、

本当にどうでも良い内容の話で盛り上がっているように見えます。

 

 

 

「じゃあ、私も内容のうすい、どうでも良いような事で話をしてもいいの?」

はい、内容の薄い話をしても全然大丈夫です。

 

 

というのも、みんな何か問題を解決するために会話をしているわけではないし、

日頃から悩みや相談についての話し合いをしているわけでもないからです。

 

 

 

「では、何でこんな内容のない話をみんなしているの?

内容の薄い話題で会話するなんて、時間の無駄じゃない?一体何の目的があるの?」

 

 

時間の無駄になるかどうかは人の考え方によって違いますが、

意識の有る無しに関係なく、目的ははっきりしています

 

 

 

その目的とは、「他人と仲良くなるため。」「他人とコミュニケーションをとって楽しむため」

ただ、これだけにあります。

 

 

 

だって、そうですよね?

人と話ができないと悩む人は、話ができなくて友達も作れないと悩んでいます。

 

 

全ては、人間関係を構築するために、

人と友好的な関わりを持つために会話・コミュニケーションというのは存在しているのです。

 

 

ですから、よく考えてみるとどうでも良さそうな内容の話でも

実はその裏で、内容を共有することによって意思疎通を行い、

人間関係を作ろうというやり取りがなされているわけなのです。

 

 

 

 

会話が上手で、多くの人と関わりを持っている人を観察してみてください。

人によって、人に合わせているからか、ちょっと違う話し方をしているようにも見えますが、

話す内容はだいたいどんな時でも、

どうでもいいような薄い話題で楽しくおしゃべりしているはずです。

 

 

 

あなたが想像するような楽しくて面白い会話というのは

お笑い芸人が繰り出すような、プロの面白い会話だったかもしれません。

 

 

確かに、芸能人レベルの話ができれば理想ですが、

一般人がみんな、芸能人並みの会話ができるわけないですよね。

 

 

 

「何か面白い、気の利いた話題を話さなくては。」

という風に、難しく考える必要は全くないのです。

 

 

会話の目的は、「他人と仲良くなるため。」「他人とコミュニケーションをとって楽しむため」

なのですから、気軽に話せる内容で話を持ち掛ければ良いのです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ