会話が続かない理由は頭が良いことが原因のひとつだった?

スポンサーリンク

日本人は、世界中の民族と比較しても

目立つことや人と違う特徴のある人は

あまり良く思われないという文化があります。

 

 

これは、周りの人間と協調し合い、和を尊ぶ大和民族だからこそ

現れる現象で、プラスになることも多かったのですが、

グローバル社会が進み、新たな価値観が見いだされるようになった現代では

この固まった価値観を、そろそろ考え直さなければなりません。

 

 

 

 

さて、頭が良い人は会話が続かないと書きましたが、

「本当に実力のある、頭の良い人」は問題ではありません。

「頭が良いと見せかけている人」が問題なのです。

 

 

 

小さいころは、積極的に好き勝手な発言をしていた人も

日本国内で生活を続け、教育されていく内に

周りから見て目立たないように、常識の範囲内で過ごそう

行動をとるようになっていきます。

 

 

「こんな事を言うと、変な人だと思われるかもしれないから言えない。」

「私の発言で、場がシラケたりつまらないと思われたら大変だ。」

 

そんな根拠のない不安が、いつどんな時でも頭の中に流れてくるようになります。

 

 

 

しかし、周りからの反発を恐れて、発言を控えた生活を心がけていると、

いつまで経っても会話術は上達しません。

 

 

なぜなら、知識だけあったとしても、経験を積まなければ

生きた知恵として活用することは決してできないからです。

(詳しくは、あなたが話せないのは、話す経験値が少ないから をご覧ください。)

 

 

 

本当の実力を身につけて、賢い人だ、頭の良い人だと思われるようになるためには

カッコばかり気にするのは程々にして、失敗することを覚悟の上で

何度も実践を繰り返していく必要があります。

 

 

そこで、「馬鹿だなあ」と笑われてしまったとしても、

全く気に病む必要はありません。

バカだと言われたときの会話を反省して、次に活かしていけばよいのですから。

 

そうしていく内に、失敗も成功も数多く経験した体験に裏打ちされた

「賢い人」「凄い人」のオーラがあなたにも徐々に身についていくのです。

 

 

 

 

あなたから見てどんなに話術に長けた実力のある人でも、

失敗を繰り返して、時には「バカなヤツだ」と思われていた時代が必ずあるのです。

 

 

 

「もし~だったらどうしよう」

と不安に思って何も行動を起こさない状況が続けば、

その間、会話術のレベルアップはほぼ期待できないでしょう。

 

 

あなたも「見た目だけ頭の良い子」は卒業して、

本物の実力をつけるためにも一つ一つ行動に起こしていきましょう。

 

 

心配に思っても、大丈夫です。

たどたどしい、ぎこちない話し方しかできないという経験は

誰もが通った道なのですから。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ