男の「清潔感」を出す方法とは?女性と関わらなくても注意すべき理由

スポンサーリンク

最近は社会人でも学生の間でも「清潔感」が大事ということが

広く認知されるようになってきましたが、

かといって一般男性が清潔感を特別気にする人は

あまりいないのではないかと思います。

 

 

ホテルや飲食業に携わる人は聞きなれているでしょうが、

やはり多くの男性は「清潔感」と言われても、

「ひげを剃るって意味か?」「髪型をワックスでキメるってことか。」

くらいにしか感じることができないからです。

 

 

そして、雰囲気やイメージを大切にする女性と会話に臨む時は、

ことのほか「清潔感」が重要なポイントになったりします。

今回は、「清潔感」とは具体的にどのような事を言うのかについて

説明したいと思います。

 

 

脂ギッシュな顔はダメ!身体から出るオーラを改善するコツ

 

 

まず、男性と言えば額や顔・そして手足などがベタベタして

脂ギッシュになっていないかを気をつける必要があります。

 

 

脂ぎった顔はそれだけで全身がだらしなく感じますし、

不潔で嫌な感覚を受けるものです。

 

 

「俺は脂っぽい体質だから。」

と割り切ってしまう男性もいらっしゃいますが、

男性女性関係なく、職場や学校など共同作業の場所で

一人ギトギトして気持ち悪い人がいると、

気になって気持ちよく時間を過ごすことができません。

 

 

つまり、自分のためではなくて、周囲の人間のためにも

清潔感を保ち、汚いオーラを絶つことが大切なのです。

 

 

頭にフケやベタつきが残っていないか、服に乗っていないかを確認する

 

 

頭のフケについても個人差がありますが、

着用しているスーツや制服にまでフケの白い粉が溜まっていると、

それだけで不潔な印象を与えます。

 

 

少しマメに対処するだけで治せるような部分に気づけないのは、

自分自身をだらしない男性と周りにアピールしているようなものです。

あなたのちょっとしたケアによって、

周りの空気・オーラは随分と綺麗になるものなのです。

 

 

細かい部分を気遣えば、あなたの男性としての魅力や総合的な人間力はアップする

 

 

男性目線で見ると、

「本当に細かいことにうるさい人が多いんだなあ。」

と感じてしまうと思います。

 

 

しかし、細部に気づけない、改善しない行為は

あなた自身を「ズボラな人」「頼りない人」「汚い人」

と見せることと同じ意味になるのです。

 

 

そして、何よりも自分の身だしなみのせいで

周囲の人間のやる気や協調性を欠いてしまうことは、

社会人としても、学生としても、一人の人間としても

絶対に避けなければならない点のひとつだと私は思っています。

 

 

 

また、清潔感を保ち、気持ちよく一日を過ごすことは、

周囲の人間を仲間として尊重することにも繋がります。

だって、どうでもいいと感じる人間に対して

わざわざキレイな格好をする人なんて、いませんよね?

 

 

これは、特に女性間だからというわけではなくて、

世界中でフォーマルな服装など、TPOに応じたドレスコードが存在することからも

容易に想像できます。

 

 

周囲の人間が気持ちよく過ごせるようになるためにも、

自分の清潔感には必要最低限の注意を払う事をオススメします。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ