なぜ、高価なプレゼントや素晴らしい思い出が女性を満足させないのか

スポンサーリンク

もし、あなたが男性であれば、

好きな女性、もしくは愛する妻のいる家庭がもっと幸せになれるように

一体何を目標にして頑張ろうと意気込むでしょうか?

 

 

その答えは、「仕事」「お金儲け」なのではないでしょうか?

男なら自分についてきてくれる者の生活をより豊かに、

より快適に暮らせるように仕事で結果を出そうと努力する

と考える人が大半を占めるはずです。

 

 

ゴージャスでお手伝いさんを雇った豪邸に、

車は超高級車で運転手付き。

愛する奥さんや子供には高価なブランドバッグのプレゼントや

好きなおもちゃを好きなだけ買い与える。

 

 

男性であれば、世間一般で言う成功者に一度は憧れるはずです。

そして、そんな満足いく人生を送れたら、きっと嫁さんも満たされるはず・・・。

と思いきや、意外にもお金持ちな家に嫁いだ結果、

満たされない不幸せな人生を過ごすセレブ奥様も多いのです。

 

 

今回は、なぜ女性は贅沢な暮らしや高価なプレゼント・豪華な思い出に満足しないのか?

といういかにも贅沢な悩みについて解説していきたいと思います。

 

 

女性がお金持ちになるだけでは人生に満足できない理由・原因とは?

 

 

ある1組の夫婦のお話です。

そのカップルの男性は、仕事ができるエリートサラリーマンで

性格も誠実で隙の無い完璧人間、出世街道まっしぐらなエリートコースを歩んでいました。

 

 

大手企業の期待の星だったので、出世するのと同時に

大きなプレッシャーと仕事量を任されていました。

そのため、いつも帰るのは夜遅く、朝も夜明け前に出勤と言う毎日です。

 

 

ただ、そんな彼の収入は平均の数倍ありましたので、

家庭はお金に困ることはなく、一見して幸せそうな家族に見えています。

 

 

彼の仕事が忙しくなる度に、収入はどんどん増えて裕福になっていきます。

しかし、彼女は彼の稼ぎに反比例するかのように

少しずつ心を閉ざしていくようになったのです。

 

 

 

妻が次第に冷たくなる変化を受けて、心配に思った夫は、

次に高額なブランド品のプレゼントを贈りました。

突然の贈り物に妻は喜び、作戦は大成功で幕を下ろしたように見えました。

しかし、数日経つと、愛する嫁の態度はまたもや冷ややかになっていったのです。

 

 

 

「こんなに頑張って仕事をして家に貢献しているのに、

どうして君はそんなに冷たい態度を取るんだ?わがままにも程があるぞ!」

多忙な日々を送る旦那はこらえ切れなくなった思いを妻に訴えます。

 

 

しかし、対する妻の反応はこうでした。

「あなたが忙しくなればなるほど、私は家庭の事、子供の世話

全てをこなすだけの奴隷のような毎日を送ることになるわ。」

 

 

女性は高収入や贅沢などの物質的な満足感よりも、心の充実度を大切にする

 

 

上の夫婦生活の悲惨な状況を男性が見た時、

「この旦那は嫁選びに失敗したな。」

と可哀相に思うかもしれません。

 

 

が、しかし、最後の女性の言葉を聞くと、

そこには女性が夫婦生活に満足感を得られ、

幸せな人生を送るために一番必要な事のヒントが残されています。

 

 

 

テレビや雑誌の影響で、世間的に女性は高収入かどうかを気にする傾向があるという

間違った常識が広く行き渡っていますが、真実はそうではありません。

女性が本当に大切にしているのは、物質的な「モノ」ではなくて、精神的な「想い」です。

 

 

女性はお金がなくても、愛する人からの思いやりさえあれば、それだけで満たされます。

金がなければ結婚できない、女は寄ってこないと思われがちですが、

これはとんでもない誤解なのです。

 

 

 

例えば、数十万円、数百万円する高級ブランド品を毎日のようにプレゼントされる

人気キャバ嬢やスナックのお姉さんの気になる彼氏は

無職のプー太郎でどうしようもないダメ男だった、なんてことも現実に起こっています。

 

 

お金に苦労していない女性は

客観的に見て駄目でヘタレにしか見えない男性の何に惚れたのかというと、

やはり気持ちや生き方などの、精神的な部分で心惹かれるものを見出していたのです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ