女性との会話では、笑顔や微笑みを多めに使うと好感度大

スポンサーリンク

男性同士の会話では面白くもなんともないような場面で

ニコニコ笑顔になることなど、ほとんどないのではないかと思います。

逆に、男性同士でニヤニヤしていると気持ち悪くて勘違いされてしまいますよね。

 

 

しかし、これが対女性との会話になると、かなり重要な要素になります。

なぜかといいますと、女性は他人の表情を目で見て確認することで、

話し相手の機嫌や感情を読み取ろうとするクセがあるからです。

 

 

でも、だからといってわざわざ女性と話す時に

笑顔にならなければならない理由とは何なのか?

今回は、女性との対話時に笑顔が効果的な理由と原因について、

解説していきたいと思います。

 

 

女性が笑顔な人に親しみを感じ、好きになる理由

 

 

女性はよく

「笑顔がステキな人が好き」

「いつもニコニコ笑顔が多い男性が人気になる」

と話しますが、それほどにまで女性にとって笑顔が重要視される理由とは

一体何なのでしょうか?

 

 

その原因ですが、女性が他人と協調・協力し合うことを前提とした

人付き合いをする文化にあります。

 

 

「笑顔」「微笑み」はコミュニケーションを円滑にする潤滑油となる効果がある

 

 

古来より女性はコミュニケーションできずに集団に溶け込めない人間、

そして仲間外れになった人間は生きていくことができませんでした。

 集団から離れるイコール死ということが決まっていたのです。

 

 

そこで、誰とでもスムーズに意思を共有し、仲良くなるためにも

「笑顔」「微笑み」の表情で「私はあなたの味方です。仲間です。」

と伝えるコミュニケーションテクニックが発達していったのです。

 

 

 

今の時代の女性も、同性異性関係なく、おしゃべりする時は

自然と微笑みがかった笑顔の表情で話している姿が見られますよね。

 

 

女性が他人と顔を合わせた時に出る、自然な「笑顔」「微笑み」は、

昔から培ってきた対人関係のスキルが現代にまで残っている証拠とも言えるのです。

 

 

怖そうな男性が笑顔になった途端「きゅん」とするのはギャップだけが原因ではない

 

 

ですから、話しかけられないような強面の男性が

時々見せる笑顔に「キュン」と来る女性がいます。

 

 

この現象は、普段は怖い男性のギャップに萌えているという理由だけではなくて、

不意に「笑顔」を振りまかれることで、

自分達との距離が近くなったと女性が親近感を覚え、

親しみを持ちやすくなるから「きゅん」として好感度が上がっているのです。

 

 

その証拠に、いつもニコニコしてイイ人そうなオーラを放つ男性は

いつどこへ行っても女性からの人気は高く、

異性から話しかけられる確率も高いです。

逆にいつでもどこでもブスっとした顔で無言の人は、

あまり人から話しかけられる機会がありません。

 

 

これは、女性から見たときに

「この人の表情から察するに、たぶん私達と同じ種族だ。

分かり合えそうだから話しても大丈夫だ。」

と安心感・親近感という好感を受けるからなのです。

 

 

男性との会話でニコニコするのは気持ち悪い。でも、女性との会話時には、ちょっとは笑顔を見せてみる

 

 

男性同士の真面目な会話で笑顔を振りまくことは、ある意味不気味です。

そのため、同性間で慣れない微笑みを出すことは逆効果にもなりますので、

無理にする必要はありません。

(あと、男性は会話中、雰囲気ではなくて内容・中身を求めるので

表情などあまり気にしない人が多いという特徴もあります。)

 

 

しかし、女性と話をするときは、普段は真顔で無表情でも、

会話中に少し微笑みを浮かべるだけで女性からの反応はまるで違ってきます。

女性があなたの表情を確認することで、安心感を得ることができるからです。

 

 

 

不良で一見怖そうな男の子も、

不真面目そうなチャラチャラした男性も、

可愛い彼女とラブラブの恋愛関係になることが同性にとって不思議に見えますが、

この人達も女性に対して必ず「笑顔」をどこかで見せているはずです。

 

 

女性と交際する際のモテる秘訣として「笑顔で良い表情」は強い武器になりますが、

「笑顔」「微笑み」は、普通の交友関係・対人スキルとしても

非常に強い力を発揮するのです。

そういえば、成績の良いエリート営業マンも笑顔がステキな人が多いですよね。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ