あなたが話せないのは、話す経験値が少ないから

スポンサーリンク

前ページ、会話の準備不足 会話上手は会話を予め準備しているでは、

会話の準備不足が原因で上手く話ができない事について説明しましたが、

いくら準備をしていても、緊張して上手くいかないという事もあります。

 

 

なぜ、一生懸命準備したのに上手くいかないのかといいますと、

それは、そのジャンルの会話経験が少ないこと、

経験不足」が原因になっています。

 

 

 

 

経験不足が表に出てしまう、顕著な例を別の事に置き換えてみましょう。

 

 

 

例えば、アイドルグループがあるとして、

全員初めてのライブが開催されるとします。

 

 

そこで、リハーサル回数が他のメンバーよりも少ない子が一人いたとします。

その子は、他の子と同じように活き活きとステージ上で歌って踊ることができるでしょうか?

 

 

 

 

答えはノーです。

いくら練習を積んだとはいえ、本番と同じ場所で

はじめから最後まで踊りきる練習をしていなければ

必要以上に緊張してしまうことは避けられません。

 

 

また、他のアイドルメンバーと一緒にリハーサルした回数が少ないことも

自信の無さに繋がり、どうしても動きにブレが出るでしょう。

 

 

 

しかし、初ライブから時を経て、

何十回と大きなホール会場でライブ活動を続けていけばどうなるでしょうか?

 

 

きっと、たくさんの人に見られながらダンスすることにもすっかり慣れて、

初ライブの緊張感が嘘だったかのように思っているはずです。

 

 

 

 

これが「経験」の差です。

いくら用意周到に準備していても、

「未経験」「未体験」であれば、どうしても緊張してしまい

上手く準備の成果を出すことができない場合があるのです。

 

 

テレビに出て面白い話をする大物芸人、

スクリーン上で迫真の演技をする大物俳優、

不特定多数の人に見られながらも堂々としているアイドル達、

これらの人物は、皆緊張しないための、

たぐい稀な才能を持っているようにも見えます。

 

しかし、これら人前に出る人達であっても、

初めてで緊張していた経験が、確かにあったのです。

 

 

 

会話にも同じことが言えます。

一年間部屋に引きこもっていて、全然人としゃべってこなかった人が

一念発起して外に出て人と話して、スムーズで楽しい話ができるはずがありません。

 

 

ですが、何度か経験を積む内に、

どういう状況でどういった対応をすれば良いのかがわかってきます。

 

 

対応方法が分かれば、それを何度か繰り返していく内に

「これなら上手くいくんだ」と、今度は自信がついてきます。

 

自信は堂々とした態度になって表に現れ、

人と交流するときに良い影響が出てきます。

 

 

 

会話でも勉強でも仕事でも、

何でも一回目から大成功するなんてことはそうそうあるものではありませんし、

もし成功したとしたら、それは単なるマグレかもしれません。

 

 

何かのスキルを上達させるためには、一歩一歩地道に進んでいき

知識と経験を積み上げていくことが大切になってきます。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ