話はたくさん話せば良いとか、好印象を持たれるというわけではない

スポンサーリンク

「会話に苦手意識がある」という人がいるのに対して、

「話をするのが好き」という人も大勢います。

 

 

「会話に苦手意識がある」人にとっては、

楽しそうに会話を続ける「話をするのが好き」な人の性格を羨ましくも思うものです。

 

 

 

 

しかし、「話をするのが好き」だからといっても

「会話上手」とは限りません。

話をただたくさんすることが、イコール良い事とは言えないのです。

 

 

さらには、ただ単に自分の話を考えなしに続けることは、

その人の周りに不快感などの悪い印象を与えてしまう原因ともなってしまいます。

 

 

おしゃべり好きの人にも、会話上手と会話下手の両方が存在している

 

 

おしゃべり好きの人で、相手にも意見を求めたり

周りの人間を盛り上がらせることができるような人であれば、

それはれっきとした「会話上手」と判断して間違いありません。

 

 

しかし、おしゃべり好きの人の中には、

自分がしゃべり続けることだけに集中してしまい、

話し相手のことを全く考えていないという人種も存在します。

 

 

 

 

例えば、会話に参加している人達がつまらないと思う内容を

延々と楽しそうにしゃべり続けている人。

 

 

何回も何回も同じ話を言って聞かせ、

一人だけ勝手に満足している人。

 

 

話が全くまとまっていなくて、もはや何が言いたいのか

聞き手には全然理解できない話を、感情の赴くままに展開する人。

 

 

 

 

上のような会話をする人は、どれもこれも「話をすることが好き」

という人間で間違いはありません。

 

 

しかし、会話中は自分中心で、自分しか見えていないため、

相手と感情を共有したり、話の内容を共有したりすることが全くできていません。

 

 

これでは、いくら話し好きでも自分の話を聞いてくれる人は

次第に少なくなっていくでしょう。

なぜならば、話し相手にとって、この人達の会話は退屈で、苦痛そのものだからです。

 

 

話のボリュームは少なくてOK 大切なのは「共感する話の内容」と「共有したい感情」

 

 

そのため、校長先生のお話のような

無駄に長くてつまらない話をすることは、全く必要ありません。

 

 

話の内容がまとまっていて、自分の感情が相手に共感してもらえれば、

話す時間、ボリュームなどは、むしろ少ない方が良いのです。

 

 

 

 

「話すことが好き」と自分で公言するような人は、

相手の話に耳を貸さず、自分の話に集中してしまうような傾向があります。

 

 

「会話に苦手意識がある」人でも、

話す内容を厳選し、相手に負担がないくらいの会話の量で

伝えたい事をきちんと伝えられた方が、よっぽど会話する意義があるというものです。

 

 

 

無駄に長い話をすることは、相手にとっても労力を消費させ、疲れさせてしまいます。

会話の基本ルールは「相手の立場を考えること」です。

「とにかく私の話を聞いてほしい!」と感情が高ぶったからといって、

相手を置き去りにした話に展開しないように注意しましょう。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ