人から好かれるのに、笑いを取ることは必須なのか?

スポンサーリンク

テレビのお笑い芸人がお茶の間の笑いを取ったり、

職場や学校などで注目を浴びる人が面白そうな人だったりすることから、

「人から好かれるためには、笑いが取れる面白い人にならなければならない。」

と考えてしまう人も多いようです。

 

 

確かに「面白い人」「楽しい人」というのは強力な特徴で、

もしお笑い芸人のような面白い話がいくらでもできたとしたら、

社交の場では大きなアドバンテージとなるでしょう。

 

 

 

 

しかし、「狙って人の笑いを取る」というのは、どちらかといえば上級テクニックです。

会話が苦手な人がいきなりやっても、その場限りで終わってしまうことが多いのです。

 

 

会話に苦手意識がある人は、人から好かれるために

「笑いを取れるようになろう!」と思うその前に、

「きちんと話ができるように基本をマスターしよう」と思うことが大切です。

 

 

笑いを取ろうと思う前にちょっと待った 会話にはもっと大切な事がある

 

 

面白い話を展開して周りの支持を得る人を見ると、

「自分もああいう風になりたい!」と思うのは当然のことです。

 

 

しかし、会話の正しい方法を覚える前に、

いきなり面白い人の笑い話をやろうとしてしまうのは考え物です。

 

 

会話にも勉強と同じで「学習の難易度・順序」というものがあります。

会話が苦手な人は、会話下手を克服するために

まずは会話の基本を押さえていかなければなりません。

 

 

相手に自分の意志が伝わる話し方をマスターする方法

 

 

いくら面白いネタがあって、笑い話ができたとしても、

その話を、話し相手に興味を持って聞いてもらえなければ何の意味もありません。

 

 

元々会話と言うのは、相手に自分の伝えたい事・伝えたい感情を伝える道具です。

ですから、まずは自分の話がきっちり伝わるような話し方をマスターしなければなりません。

 

 

 

きっちり伝わる話し方とは、詳しく言うと

声の大きさ・滑舌を正して、相手にきちんと聞こえる話し方をすることや、

自分の顔の向け方、視線の位置を正して、相手と感情のやり取りをしやすくすることです。

(印象の良い話し方の詳細は、

「話し方のコツ」コーナーあなたの印象が良くなる話し方のコツ

「聞き方のコツ」コーナーあいづちは聞き手の状況を相手に知らせる便利なツール

などで紹介しています。)

 

 

 

きちんと話す土台さえできあがれば、

元々持っていた面白い会話ネタも実践で活きてきます。

 

 

会話の基本を練習することで、

話の臨場感が出て、相手により面白い話が楽しく伝わるようになります。

話し方を練習することが、面白い人になるための最短距離でもあるのです。

 

 

笑い話は無理にする必要はない 好かれる人の理想的な人物像

 

 

冒頭の「人から好かれるのに、笑いを取ることは必須なのか?」

の答えですが、結論から言いますと、

人から好かれるのに笑いを狙った会話をする必要は全くありません。

 

 

逆に、面白い話をしようしようと考えすぎると、

話の内容が薄いものばかりになり、

相手が自分の話を聞いてくれなくなる恐れもあります。

 

 

 

 

このサイトに来てくださった方は、

別にお笑い芸人を目指しているわけではないと思いますので、

基本的には誠実な人っぽい会話をすることをお勧めします。

 

 

真剣な会話をしていても、

たまに「フフッ」と少し笑いが出るような事ってありますよね?

この何気ない会話の中で出る笑いこそ、目指すべき理想の会話なのです。

 

 

 

無理に笑いを取ろうと必死にならなくてもいいのです。

きちんとした話し方で普通の会話さえできていれば、

誠実な印象に加え、さらに好印象を得ることが可能なのです。

 

 

会話の基本的な話し方を身につけ、誠実な対応を心がければ、

変なレッテルを貼られることもなく、自然と人から好かれる人になっていきますよ。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ