変な喋り方を変えるコツと、人気者の良い声を習得する方法

スポンサーリンク

喋り方が変だと揶揄われる人や、

自分のしゃべり方が気持ち悪くて話し方を変えたいと思っている人にとって、

ハキハキした明るく、好印象な声は聴くだけで羨ましく思いますよね。

実際に、明るくて柔らかい声とというのは、それだけで人間の大きな魅力になり得ます。

 

 

女性の柔らかくて優しい印象のある声は、

それだけで子どもが安心感を持って近づいてきてくれますし、

臆病な人でも話しかけやすい存在になります。

 

 

また、男性の明るくて爽やかな声は、

他人を裏切らない信頼感、そして活発な印象を与え、

周囲の人間に元気とやる気を出させる影響力を持ちます。

 

 

「自分の声は嫌いだ。」

と言って諦める人もいますが、人それぞれ一人として同じ声の人はいませんし、

声は練習で鍛えることによって、誰でも魅力的な声を出すことができるようになります。

 

 

印象の悪い「気持ち悪くて変な声」と、印象の良い「人気者の声」の特徴とは?

 

 

なぜ、あの人は柔らかくて明るい良い声を出すことが出来るのか?

変な喋り方がいつも気になる私とは、何が違うのか?

誰もがそう感じる「人気者の声」には、ある共通点がありました。

 

 

弱々しくない、力強い声

 

「柔らかい」ことと「弱々しい」ことは全く違います。

今にも消え入りそうな弱々しい声には自信が感じられず、

頼りない印象を与えていまいます。

 

 

優しく温かい声を出す人には、

同時に包容力と安心感を強く感じさせる

芯のある力強い声を出しているのです。

 

 

滑舌の良い話し方 遠くまで通る声

 

ただ単に大きな声でも、何を言っているのかよく聞こえなかったり、

ボヤボヤして聞きづらい声は、聴く人の側に立ってみれば不快な要素です。

 

 

多人数の人向けのスピーチでも、少数で誰かと話す時でも、

魅力的な良い声は聞き取りやすく、通る声のはずです。

 

 

柔らかい声 響くような声

 

冒頭から「柔らかい声」と話していましたが、

この柔らかい声の正体は「表現豊かな声」「感情豊かな声」です。

 

 

普段から明るくハツラツとした声を出している人は、

それだけで周囲にポジティブな影響を与えます。

また、嬉しいときや悲しいときの声を聞いただけで、

その人の感情がわかってくるので、共感しやすく親しみやすい声に聞こえるのです。

 

 

また、魅力的な人の声は響き渡るような声が特徴的です。

楽器のように心に響く声は、人々の感情すら動かすことが可能です。

 

 

人に好かれる声を手に入れる方法

 

 

まず、響き渡るような魅力的な声を出す練習法についてですが、

自分の性質が嫌いな人の改善策 あなただけの魅力的な声を作る方法

にまとめています。

次に、声を出す時に柔らかくて明るい声を出すコツを

いくつかご紹介したいと思います。

 

変な喋り方を改善したいと悩む人は、

下記の喋り方のコツで何度か練習をしてみると、変化を実感できるかもしれません。

 

 

腹式呼吸でお腹の中から声を出す練習をしてみる

 

歌手の人が歌を歌う時に限らず、誰もが小学校の音楽授業で習ったことかもしれません。

複式呼吸によって声を出すことで、よく通る声を出しやすくなるだけではなくて、

緊張を和らげて自信のあるイイ声を出せるという精神的メリットも得られます。

 

 

モゴモゴした話し方をしない ハキハキしたしゃべり方をする実践的方法

 

特に男性の人の声は低いため、モゴモゴした風に聞こえやすいから注意です。

しかし、これは簡単な改善策で簡単に直すことができます。

それは、口を大きく開いて話すことです。

 

 

恥ずかしいと感じる人もいるかもしれませんが、

別に話をするときに大きく口を開くことは決して変ではありません。

実践していく内に気づくはずです。

 

 

鏡を見て話す練習をしてみる 録音して自分の声を聞いてみる

 

声や話し方が変で悩む人でここまでする人はほとんどいないのですが、

実際に鏡を見て話し方を見てみたり、録音して自分の声を聞いてみることで、

今まで気づかなかった多くの事に気づくことができます。

 

 

「ちょっとここの声が聞き取りにくいな。」

「今まで分からなかったけれど、こうやって喋った方が良いな。」

 

 

私自身もそうでしたが、自分自身のことは意外と自分で気づくことができません。

だからこそ、自分から自分を知ろうと努力することで、

あっという間に見違える変化を得られる人もいますよ。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ