高い声、低い声の人別「話す時に注意しなければならない事柄」

スポンサーリンク

人は身体の作りが一人一人違うので、

声の大きさや高さといった声質も一人として同じ人はいません。

 

 

そして、声の高い人も低い人も、それぞれメリットとなる持ち味があります。

その持ち味を活かした話し方ができれば一番なのですが、

話す時に気をつける点に気づけず、損をしている人がたくさんいるのが現実です。

 

 

そこで、今回は話す時に注意しなければならない事柄について

声の高い人、声の低い人別にまとめてご紹介したいと思います。

これから話す注意点に気をつければ、

あなたの人間としての魅力を一段引き上げることができるようになるはずです。

 

 

声の高い人が話す時に注意しなければならない事柄について

 

 

海外では女性でも低くて落ち着いた声が魅力的に思われますが、

日本では一般的に高い音域の声がきれいで魅力的と見なされる価値観があります。

 

 

しかし、経験のある人もいるかもしれませんが、

声の高い人が出す音というのは、

連続して長時間聞いているとキンキンしてきて耳が痛くなったり、

やかましくて鬱陶しい声だと言われる原因となる恐れもあります。

 

 

テレビの女性アナウンサーを面接する時にも、

音程が低くて通る声を持つ女性を優先的に採用したという例もあるほどです。

そこで、声の高い人がまず気を付けなければならない点は、

あまりにハイテンションな甲高い声を連続して出す事を控えるよう意識することです。

 

 

 

そして、普段から声が高くてびっくりされるような人は、

できる限り低くて落ち着いた声を出すトレーニングをしてみましょう。

 

 

また、特に声の高い人は語尾の言葉が長く聞こえがちになります。

 

「わたしわぁ~」「だったからぁ~」

 

のように、声の高い人の語尾が長く聞こえると、

幼くて信頼性のない声に聞こえてしまいますが、

低い音程の声を出す練習をしていると、可愛らしさや親近感と同時に

普通にしゃべっていてもしっかりしている印象を与えることができます。

 

 

声の低い人が話す時に注意しなければならない事柄について

 

 

音程が低い、いわゆるハスキーボイスな人は、

自分の声がしゃがれているように聞こえて嫌だという人もいます。

しかし、声の低さは他人に説得力や信頼感を与えることができるなどの

非常に大きなメリットがあります。

 

 

ちなみに、外国では女性の低い声は「セクシーで知的な人物像」を彷彿させるので、

一般的に声は低いほど良いという考え方です。

日本人でも、キャピキャピした声よりも、

低い声の方が落ち着いて好きだという人は多いです。

 

 

そんな声の低い人が注意すべき点は、

滑舌が悪くて聞き取りにくい声になったり、

だらけた声に聞こえないようにすることです。

 

 

 

声が低くて滑舌が悪いと悩む人は、

声の高い人とは逆に、高くてクリアな声をだす練習をしてみるとよいでしょう。

 

 

普段出さない高い声を出していれば、

次第にシャープで聞き取りやすい発音ができるようになります。

また、利点はそれだけではなく、

雑談の会話中に高い声をたまに出していけば、

あなたの喜怒哀楽といった感情が話し相手にも分かりやすく伝わります。

 

 

 

今まで出したことのない音を出せるようになると、

それはそれでいろんな場面で役に立つ時があります。

そして、様々な音を出せることは、

同時にあなた自身の表現力が上昇することにも繋がりますので、

人間的魅力にも磨きがかかる結果となるのです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ