会話中のしぐさと言葉ひとつで、相手の態度が良くも悪くもなる

スポンサーリンク

会話をする時に必要なのは、自分から話す技術だけではありません。

 

 

「聞き方のコツ」でもご紹介しましたが、

相手の話を上手に聞いてあげるスキルを磨くことで、

いくらでもその場を保つことができます。

そして、聞き手に回る技術を向上させることが、

結果的に会話上手と言われる近道にもなるのです。

 

 

ここでは、そんな魅力的な聞き手になるために必要なテクニック、

会話中のしぐさ・リアクションの効果・影響について解説していきたいと思います。

 

 

会話が盛り上がるかどうかは、聞き手の対応にかかっている

 

 

聞き上手は話し上手と言われることがありますが、これは真実です。

なぜならば、話題を切り出した相手は、

聞き手の態度・状況を見ながら、そのまま会話を盛り上げても良いのかどうか、

自分が楽しく話を続けても良いのかどうかを判断しているからです。

 

 

会話中、聞き手に回る人が

興味津々な態度で「もっと話して!」「話を聞きたいわ!」

と言わんばかりの嬉しそうな表情・態度を出したり、

身振り手振りのジェスチャーで示していれば、

話し相手は安心して自分の好きな話を続行することができます。

 

 

逆に、聞き手に回る側が、ずっと無表情で感情や態度が不機嫌そうな場合は、

話し手はすぐに話を切り上げた方が良いと判断します。

その結果、全く会話が盛り上がらず、続かずに終わってしまうのです。

 

 

つまり、会話が盛り上がるかどうか、話が続くかどうかは

話をしている人間ではなくて、話を聞いている側が

聞き上手かどうかにかかっているといっても過言ではないのです。

 

 

会話中のしぐさやリアクションが、話し相手に与える効果・影響とは?

 

 

話し相手にどんどん会話を続けてもらうためには、

聞き手が興味津々の楽しい雰囲気で話を聞いてあげることが大切です。

そして、そこで重要なテクニックになるのが、

会話中のしぐさ・リアクションなのです。

 

 

会話中に「あなたの話を聞いていますよ。」という確かな態度をしぐさで表現したり、

状況に応じた的確なリアクションを出すことで、

「あなたの話は面白い!」「もっと会話を続けて。」

というサインを無言で送ることが容易にできるようになります。

 

 

 

人間は、自分自身に興味を持ってくれる人、

自分を理解しようと努めてくれる人に対して

無条件で好印象を抱く傾向があります。

 

 

ですので、ちょっと嫌らしい表現になりますが、

リアクションを極めることで、あなたが善意・悪意かに関わらず

相手から無条件に好かれて、人間関係を無限に作っていくことが可能なのです。

ちなみに、世間であざといと言われる女性や、男性に媚びを売る女の子は

この法則を駆使して異性を手玉にとっています。

 

 

しかし、逆に言えばそれほど会話中のしぐさ・リアクションは

非常に大きな効果があり、他人に影響を与える唯一無二の技術と言えます。

会話上手になろうと思ったら、必要最低限の仕草の知識・経験は

積んでおくべき、必須のテクニックなのです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ