相手によって話す言葉を変える 一人一人に適切な言葉を選ぼう

スポンサーリンク

一般的に、人の事を考え、人に気を遣うことは

相手にとっても良い事だと捉えられています。

 

 

しかし、自分がよかれと思って発した言葉が

相手を傷つけたり、怒らせたり、落ち込ませたりすることもあります。

 

 

人の事を大切に思い、言葉をかけることはとても良い心構えです。

ですが、相手の人間性を見極めて、相手にマッチした言葉を選択しないと、

あなたの「気遣い」は時に「無神経な発言」と認識されてしまうことがあります。

 

 

一人一人に合わせて話す言葉を変える大切さ

 

 

「人によって話し方を変える」と聞くと、

「人によって態度を変える嫌な人」という悪い印象を想像する人もいるかもしれませんが、

決してそうではありません。

 

 

誰に対しても真剣に思いやり、平等に接しようとすると、

自然と人のタイプによって話し方も変わるのです。

 

 

相手のタイプに合わせて行動しなかった時の例

 

 

例えば、明日のテストが上手くいくか、

悩んでいて勉強する手が動かない人が二人いるとします。

あなたは、その二人に対して次の言葉を投げかけ、励まそうとしました。

 

 

「早く手を動かさないと、明日のテストも上手くいかないよ。」

 

 

 

一人は「それもそうだな。」素直に勉強に取り掛かります。

しかし、もう一人は「まあ頑張るけど・・・どうせ上手くいかないだろうしなあ。」

少し不機嫌な感じで話します。

 

 

気合いとやる気を入れさせるために発した言葉ですが、

どうして人によってこのような反応の違いが生まれるのでしょうか?

 

 

人の性格・生き方が違えば、言葉の受け取り方もまるで違う

 

 

「それもそうだな。」と前向きに回答した人は、

元々楽観的で自信家な性格で、やれば出来るという考えが身に染みている人でした。

これまでもスポーツや学業で様々な成績を収めています。

 

 

あなたに尻を叩かれるような事を言われたことで、

もう一度やる気が再発し、前向きな気持ちを取り戻しています。

 

 

 

一方、不機嫌な回答をした人は、

これまで表立った成績を残したこともなく、これといった特技もない、

平凡で普通の大人しい人でした。

 

 

あなたに勉強するよう声をかけられても、

「今度もどうせ目立った成績は残せないだろう」と、半ば諦めモードに突入しています。

 

 

 

自分に自信がないような人には、行動を強制させようとする言葉ではなく、

「やればできるって!今度はいい成績が残せるかもしれないじゃない!」

と、マイナス思考の相手の気持ちを優しく引き立たせるような励まし方が好ましいです。

 

 

相手の事を「心から」想った言葉をかけることが、本当の気遣いと言える

 

 

人は、生まれ持った性格や、これまで生きてきた環境・経験などで、

投げかけた言葉に対する反応はまるで違うものになります。

 

 

自分が気を遣ってかけた言葉に対して、そっけない返事が返ってくると、

 

「え?気を遣ってあげたのに、そんな風に言わなくてもいいんじゃない!?」

 

 

と逆ギレしそうになってしまいますが、

それでは真に相手の気持ちを考えているとは言えません

 

 

なぜならば、ただ単に自分が良いと思っただけで話しかけただけに過ぎないからです。

そこには相手の事を本当に考えた発言をしようという気遣いが全くできていません。

 

 

上のような考え方は、自分が人を思いやることで満足しようとする、人間のエゴから来る言動なのです

相手の性格や今の状況を考えれば、よりよい励ましや気遣いの言葉を伝えることができたはずです。

 

 

 

相手との会話に慣れたときは、

相手の性格や行動、その時の状況を考慮していけば、

相手もあなたの事をさらに信頼し、より深い人間関係を築けることにもなるでしょう。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ