「つい使ってしまう後悔言葉」が、周囲の空気を暗くしてしまう

スポンサーリンク

自分の思っている感情が必ず相手にも伝わることは、

他のページでも何度か紹介してきました。

 

 

しかし、たとえ会話中に良い感情を持っていたとしても、

気持ちがマイナスになるような言葉を使うと、

あなたの良い感情は相手に伝わらないでしょう。

 

 

後悔しているような発言はしない!場の雰囲気をマイナスな空気にする原因とは?

 

 

「もし、あの時ああしていればよかったのに。」

「予めこういう行動をとっていれば、こんなことにはならなかったのに。」

 

 

上のような言葉遣い、あなたは何の悪気もなく使ってしまっていませんか?

実は、上のような言葉遣いを多用することは、

後ろ向きでマイナス思考な発言を繰り返していることと同じ効果がありますので、

知らず知らずの内に周りの雰囲気を盛り下げる原因となります。

 

 

また、あなたが辛い現状から目を背け、逃げている印象を話し相手に与えてしまいますので、

聞いている方も段々とウンザリしてしまいます。

 

 

 

 

「あのとき教えてくれれば、こんな事にならなかったのに!」

「どうして手伝ってくれなかったの!?私は手が話せなくて一生懸命やっていたのに!」

 

 

また、上の例のような「~だったら、~のに」という言葉遣いは、

自分の行いを正当化し、他人を攻撃する時に非常に使い勝手が良い言葉です。

 

 

ついカッとなった時、頭に血が上ったとき、感情が揺らいだ時に

使ってしまいますが、時間が経って冷静になった時に

「どうしてあんなひどい事を言ってしまったんだろう」

と、ふと後悔するようになった経験ってありませんか?

そんな体験をした時、上のような言葉遣いで相手を攻めていることが多いのです。

 

 

相手にとっては一方的に悪者扱いされてしまうこととなりますので、

とても辛い気持ちになります。

傷ついて、今後あなたと話すことを敬遠するようになるかもしれません。

 

 

 

会話の基本は「話し相手を大切にすること」が原則なので、

この「~だったら、~なのに」という発言はしない方が良いに越したことはないのです。

 

 

会話は前向きで元気になれるような発言を心がける

 

 

あまり暗い印象の人に自ら話しかける人って少ないと思います。

なぜなら、暗い人に話しかけても暗くて後ろ向きな発言ばかりが飛び交い、

かえって元気を吸い取られてしまう恐れがあるからです。

 

 

会話の基本は「相手を大切にすること」にあります。

人間は、本来楽しいこと、明るい雰囲気が大好きなので、

人と会話をするコツとしては、基本的には前向きな会話になるように誘導することです。

 

 

 

例えば、「~だったら、~のに」というマイナス思考な会話を

前向きな捉え方に変えてみてみましょう。

 

 

「あの時ああしていたから・・・」

「予めこういう行動をとっていたおかげで・・・」

 

 

「あの時ああしていたら、もっと良い結果になったかもしれない。

しかし、あの時の行動で、今こうなることができた。」

 

 

 

物事のとらえ方と言うのは、人の数だけあります。

マイナス思考の人がマイナスだと思う多くの事柄が、

プラス思考の人にとっては全てプラスな出来事だったと感じていることもあるのです。

 

 

 

後ろ向きでウジウジした考え方がクセになっている人は、

なかなかポジティブシンキングができないと思いますが、

はじめは「もしかしたらよかったのかな??」くらいに考えることから始めてみるとよいでしょう。

 

 

そうすることで、会話中に前向きな発言が自然と増え

場を盛り上げることができるようにもなってきます。

 

 

なぜ場が盛り上がるのかといえば、

人間は基本的に暗い雰囲気が嫌いで、

明るくて楽しい雰囲気が大好きだからです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ