自己開示の必要性 心を開くことで、女性からも信頼されやすくなる

スポンサーリンク

これまで男性社会の中に入り浸っていた男たちは、

自己開示など必要以上にすることを迫られなかったので、

自己開示の重要性について頭では理解していても、

いざ行動に起こすことはなかなかできません。

 

 

その原因は、男社会に蔓延する縦社会なのですが、

先輩を敬い年功序列のピラミッド型で統一された仕組みは

男性にとってある意味生きやすい環境でもあり、居心地の良い部分もありました。

 

 

しかし、現代は女性の社会進出が進み、

どんな階級の人でも平等に扱うべきだとする横社会の仕組みに

社会が変化しています。

 

 

 

今、この急激な変化の流れに対応できず、

自己開示ができない男性は会社組織の中で信頼されません。

 

 

自己開示の方法やコツを知らない男性は、

ボッチとして取り残されて最終的にリストラされたり、

自ら退職するケースも増えています。

現代社会を生きていくうえでも、自己開示は不可欠な技術と言えるのです。

 

 

そこで、今回は自己開示できない人間が、なぜ女性に信頼されないのか?

その理由について詳しく解説していきたいと思います。

 

 

男性が自己開示できない原因と、自己開示が必要な理由

 

 

男性で自己開示を苦手とする人が多いのは、

先にも述べました通り、年功序列の縦社会の中で長い間生きてきた歴史が原因です。

 

 

上司や先輩からはどんな理不尽でバカげたことを命令されても、

部下や役職が下の者たちは、それに従う義務が暗黙の了解として存在しました。

 

 

そして、そんな環境の中で生きてきた男性は、

年齢を重ねる毎に偉くなっていくことが決まり切っていますので、

 

「別に今のままでもいいかな。」

「自分の事を知られ過ぎて馴れ馴れしい関係になると、

かえって叱責したり厳しい指示を出したりするときに抵抗が出る。」

 

と、自己開示に対して後ろ向きな価値観を持つようになるのです。

 

 

男性にとって、部下とフラットな平等の関係になることで、

自分の好きなようにできる体制を崩されることは、かえってデメリットの方が多い

無意識の内に感じるため、その結果自己開示に自然とブレーキをかけてしまうのです。

 

 

学校の女友達や女性社員から信頼されるのに、自己開示が絶対必要な理由

 

 

しかし、現在の横社会の環境や女性が相手の場合は違います。

なぜならば、

女性は何を考えているのか分からない謎めいた人に信頼を置くことはできないので、

女から信頼してもらうためには自分の事をさらけ出す必要があるからです。

 

 

 

例えば、複数の女性社員を部下に持つ男性上司がいたとします。

その人は、必要最低限の情報と的確な指示のみを女性社員に与え、

仕事の背景や男性上司自身の感情、考えなどは一切口に出しません。

 

 

男性社会であれば、この上司はムダもスキもない人として信頼される人に十分なり得ます。

しかし、必要最低限のことしか話さない男性に対して、

女性は逆に不信感や不安感を募らせるようになるのです。

 

 

女性目線で見ると、余計な事や自分の事を全く話さない無機質な人間は、

何か嘘くさい、建前と本音を完璧に分けている冷たい人間に見えてしまうのです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ