男性には理解できない女性の本音「女性の言葉の裏側」を翻訳した例

スポンサーリンク

男女のすれ違いの原因 男性は女性の言葉を誤訳している」にて、

男性が如何に女性の本音を理解していないか、その理由についてお話してきました。

 

 

今回は、「それでは女性の言葉に隠された本当の言いたい事とは何なのか?」

「女性の本音と建前の裏側の構造とは、翻訳するとどういう意味になっているのか?」

について具体例を挙げて説明したいと思います。

 

 

男性がこの言葉を聞いたとき「わがままな女」「身勝手でめんどくさい女」

と勘違いすること間違いありませんので、女性の本当の気持ちに触れてみて、

自分が如何に浅はかな考え方をしていたかを考え、悔い改めると良いでしょう。

 

 

また、最近仲が悪い男性に対して、

次のような話を旦那や彼氏に吹っかけたと思い当たる節のある女性は、

「もしかして、私って性格悪いと思われてる?」

と、自分の接し方について、もう一度考え直した方が良いかもしれません。

大きな誤解をされている可能性、アリですよ?

 

 

「私って性格悪い?」「何だあいつは生意気なヤツだ。」男性が本当の意味を理解できていない「女性のこんな一言」

 

 

「はあ。どうしていつもこうなっちゃうのかしら?何もかもが上手くいかないわ・・・。」

 

 

男性がこの言葉を聞くと、ほぼ100%イライラして機嫌が悪くなること請け合いですが、

女性側の本当の言い分はこうです。

 

 

「私は今日の気分がすごく悪くて、一日中何をしても上手くいかない日なの。

本当はもっと頑張らなきゃいけないのに、何もやる気が起きなくて、

こんなんじゃ駄目って分かってるんだけど、本当に憂鬱で仕方がないのよ。

 

もし、あなた(旦那・彼氏・親しい友人など)がこんなダメな私を

「君は本当に頑張っているよ。」「すごいよ。いつもよくやっているよ。」

と、慰めたり、励ましてくれたら、また元気を取り戻すことができるわ。

お願い。ちょっとめんどくさい、甘えん坊で嫌な女に見えるかもしれないけれど、

私に味方して。共感して。」

 

 

女性は、決して男性を責めているわけではなくて、自分の気持ちを察してほしかっただけなのです。

しかし、男性側はというと、そんな女性の本音を理解することは出来ず、

大抵次のような悪い解釈をしてしまいます。

 

 

あなたって人は、本当に何の能力も魅力もない、どうしようもない人よね。

だって、私がこんなに毎日疲れる大変な生活をしなければならないのは、

あなたが毎日仕事に追われていて、家事とか子育てとか家の事を全くしないせいよ。

 

それに、お給料だって低くて貧乏極まりないし、

余計なトラブルはもってくるし、何の問題の解決もできないし、

男として頼りないったらありゃしない。

 

あぁ、他のステキな男性についていけば、

もっと楽しくて美しい人生を送れたかもしれないのに。

だから、私はもうあなたを信用できない。だって何をやってもだめだから。」

 

 

女性側の言い方・態度にもよるでしょうが、

タメ息ながらに言われると、男性はこのように誤訳して、自分勝手に憤慨します。

 

 

常に自分と他人の能力を比較しながら人生を生きる男性は、

女性の難解で湾曲した言葉を聞いたとき、

論理的・効率的な思考の元、自分に何の問題があるのかを考える癖があるのです。

 

 

女性にとっては、ちょっと自分の事を気にかけてほしかっただけなのに、

たった一言でここまで怒りだすと、逆ギレしちゃいますよね。

 

 

 

 

以上、男性の分からない「女性の一言」「女の本音」の具体例でしたが、

予想外に翻訳が長くなってしまったため、

他の言葉例は次ページにて順次紹介していきたいと思います。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ