細かい変化に気づくと、女性は嬉しくてことのほか喜ぶという真実

スポンサーリンク

女性は普段から身だしなみを整えてオシャレをしたり、

髪型を変えて雰囲気を変えたりと、

自分をより可愛く、より綺麗に魅せるために

日頃から細かい工夫に気を遣っています。

 

 

そういった細かい変化に敏感に気づき、女性の工夫した所を褒めてあげると、

自分の頑張りが認められた女性は、当然嬉しい気持ちになり、喜びます。

 

 

そのため、恋愛で好きな女性と仲良くなったり、

社会生活の中で初対面の異性との人間関係を良好に築き上げるためには、

女性の努力している点を褒める事が非常に効果的です。

 

 

 

しかし、せっかくターゲットとなる女性と話す機会があっても、

男性は女性の些細な変化に滅多に気づくことはできません。

これには、男性が鈍感でニブイという事意外にも原因があります。

 

 

男性が女性の些細な変化や小さな努力に気づかない理由とは?

 

 

まず、女性同士の会話を想像してほしいのですが、

女同士のキャピキャピした話の中では、

お互いの身だしなみや持ち物など、

目に見えるもの何でも褒め合おうとする場面が必ずと言っていいほどあります。

 

 

 

「髪型変えた?なんか雰囲気変わったよね?」

「すごい似合ってるよ。かわいい!」

「そのネイル可愛いね。」

「おしゃれな帽子いいなー。どこで買ったの?」

「そのバッグカッコイイ!センスあるよねー。」

 

 

女性は会話の目的に「共感」「協調」を求めますので、

このような同調するセリフを吐くためにも、

お互いをわざと褒め合っている時もあります。

 

 

 

しかし、それに比べて男性同士の会話はというと、

話の中でお互いの良い所を言い合ったり、褒め合ったりする事なんて

人生経験上、回数はほぼゼロに近いと思います。

 

 

仕事で結果を出したり、スポーツ大会や勉強でいい成果を残した場合は

それを褒め称えることはあるでしょう。

しかし、男性社会ではお互いを褒め合うなんて戯言をしていれば

逆に不自然で気持ち悪く感じてしまうものです。

 

 

もちろん、他人の身なりに素早く注目できるスマートな男性もいますが、

基本的に男性と女性では、人を関わった時の注意力の方向性が全く異なっているのです。

これが、男性が女性の些細な変化や見えない努力に気づけない理由だったのです。

 

 

男性が女性を心の底から喜ばせる一番簡単な方法 嬉しい気持ちにさせるコツ

 

 

女性は常日頃から自分自身を魅力的に魅せるために努力しています。

その頑張りに気づいて認めてあげて、ホメてあげることこそが、

女性を喜ばせる一番簡単な方法だったのです。

 

 

普通、男性が女性を喜ばせる方法としては、

高価なプレゼントをしたり食事をご馳走したりすることを

手段として考える人が多いですが、

わざわざそんな大変な事をしなくても、

女性を心の底から喜ばせることは容易に可能だったのです。

(参考記事:なぜ、高価なプレゼントや素晴らしい思い出が女性を満足させないのか

 

 

はじめは人を頻繁に褒める事に抵抗がある男性も多いと思いますが、

女性の話し方を意識して聞いたり、何度か繰り返すうちに

ホメ言葉にも慣れてきて、次第にコツが掴めてくるはずです。

 

(ちなみに、褒め方の具体的なテクニックについては、

「ほめ方のコツ」コーナーにてご紹介しています。)

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ