頼りになりそうな女性ほど、体調や心が辛くないか心配してあげよう

スポンサーリンク

男性は女性から「薄情」「鈍い」「冷たい」

という評価を受けることがあります。

 

 

男性からすると、女性同士の人間関係は

「女性はなれ合い過ぎだ。」「ベタベタ粘着質で気持ち悪い」「女は極度の心配性だ。」

と思いますが、女性の批評もあながち間違ってはいません。

 

 

なぜならば、世の大半の男性は直接助けを求められるか、

誰の目から見ても大変な状況だと分かる時くらいにしか、

自ら助け舟を出そうと動かないからです。

(関連記事:男性に助けを求める方法 コツは「必ず口に出して伝える」

 

 

そこで、男性は学生でも会社勤めをする社会人でも、

女性のいる環境では、より他人に対して注意を払う必要性があります。

今回は、そんな女性との共同作業場でのワンポイントアドバイス、

女性からの信頼を得る方法・コツについてご紹介したいと思います。

 

 

女性を気遣うワンポイントアドバイス「大丈夫ですか?」と声をかける

 

 

学校の部活や催し物などで数々の役を任せられている女子学生、

会社の中ではいつも元気で真面目なホスピタリティ能力の高い女性社員等、

客観的に見て何の問題もない、完璧な条件の揃った女性というのは

自分から声をかける必要は全くないようにも思えます。

 

 

しかし、そんな風に人一倍頑張る女性ほど、

心の中では自分のストレスや悩み、心身の疲れなどを溜め込んでしまう特徴があります。

 

 

そこで、そんな女性に対して、「大丈夫?」「何か手伝おうか?」

とこちらから心配して休憩するタイミングを与えたり、

手を差し伸べたりしてあげると思いの他喜んで貰えるのです。

 

 

また、「いつも頑張ってるけど、すごいね。」「すごい作業量だよね。感心するよ。」

と、普段の頑張りを評価したり、褒めてあげることも非常に効果的です。

 

 

声をかけられた女性は

「自分の行いを見てくれているんだ。」

「全く見ていないようで、本当は心配してくれているんだ。」

と安心しますし、その気遣いが心底嬉しく感じます。

 

 

その結果、さらに仕事に精を出すようになってくれることも期待できますし、

声をかけてくれた人に対して信頼感を持つようにもなるのです。

 

 

 

しかし、だからと言ってあまりにも頻繁に声をかけることは

女性にとっても仕事の邪魔になりますし、迷惑行為です。

声をかけるコツとしては、作業工程がひと段落付いたとき、

少し時間を置いてから言うようにしましょう。

 

 

女性の気持ちを察する方法 対女性のコミュニケーション能力を鍛えるコツ

 

 

女性に気遣いの言葉をかけていくと、

自然に女性の変化が行動に気づける観察力が身についてきます。

 

 

「最近マスクしてるけど、熱はあるの?大丈夫?」

「今日も遅くまでご苦労様です。でも、無理はしないように気をつけてね。」

「さっきお客様の対応してくれたんだよね?ありがとう、助かったよ。」

 

 

女性の目線で物事を見れるようになると、

今まで見えてこなかった女性の頑張りや努力、気遣いなどにも気がつくようになります。

こちら側から女性側の頑張りに気づけると、

女性も安心して毎日を過ごせるようになります。

 

 

その結果、周囲の人間関係も円満になって、

仕事の能率や効率も上がっていくという好循環が生まれるのです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ