マイナス思考な口癖を使うのは、なるべく少なめにした方が良い

スポンサーリンク

マイナス思考な口癖がついている人は、

なるべく少なめにしておいた方が良いと思います。

 

 

かといって、極端にプラス思考で

ポジティブシンキング過ぎる発言は、

逆に能天気だと言われる原因にもなるのですが、

基本的には陽気で気楽、前向きな口癖を心がけた方が

人生はずっと上手くいきますし、楽しくもなるものです。

そこで、今回はマイナス思考の口癖が及ぼすデメリットと、

プラス思考の影響力について解説したいと思います。

 

 

マイナス思考が及ぼす影響力 上手くいくものも上手くいかない!?

 

 

まず、マイナス思考で「あれもできない。」「これも駄目。」

と、自分自身に否定的になることで、

むやみに苦手意識のあるものを増やしてしまうという影響があります。

 

 

当サイト「会話のコツ吉」では、

会話に苦手意識を持った人に様々な会話術をご紹介していますが、

そもそもなぜ会話が苦手になったのか?

根本の理由を考えてみると、あなた自身が

「コミュニケーションができない。」「私はコミュ障でダメな人間だ。」

と思い込んでしまっているからではないでしょうか?

 

 

しかし、どんなに会話下手な人でも、

実際は家族間・兄弟間では普通にお喋りができるという場合が大半です。

つまり、親しい人以外の人間と話す時に、会話ができない根本の原因は、

あなたが無意識の内に「会話が苦手だから上手くいかないはずだ。」

という自己暗示をかけている可能性が高いことが考えられます。

 

 

言葉の力というのは、見えない分分かりにくいのですが、

日本でも古来から「言霊」という言葉が存在するように、

大きな影響力があると言われています。

 

 

あなたも、今まで人生を生きてきて、

何百回、何千回と自分に「できない。」「僕はダメな人間だ。」

と言い聞かせていれば、本来上手くいくはずのものであったとしても、

上手くいかなくなるのも当然の出来事だとは思いませんか?

 

 

プラス思考の口癖を意識するメリットとは?

 

 

マイナス思考の口癖が身についていれば、

次第に自分の行動も後ろ向きになってしまいがちです。

しかし、逆にプラス思考で物事を何でも前向きに捉える人は、

どんな事でも果敢に取り組もうと努力、行動します。

 

 

ここで、ポジティブシンキングをはき違えて、

能天気でボーっとするのがいいんだと考える人もいますが、

そうではありません。

常に「自分はできる」「上手くいくはず!」

という自己暗示と、

「成功するにはどうすれば良いのか?」

という前向きな姿勢、両方を取り続けることが

本当のプラス思考な考え方です。

 

 

世界で大きな成功を収めたような人や、大スター選手には

意外と気楽であっけらかんとした性格の人が多いです。

そんな世の中の成功者は、頭の中では

「どうすれば上手くいくか?」を真剣に考え、行動していますが、

それは普段から「自分はやればできる」と言い聞かせ、

上手くいった時のイメージを明確に持っているからこそ、

諦めず前向きに人生を生きていけるのです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ