せっかちな人も落ち着いている人になれる話し方・言葉遣いのコツ

スポンサーリンク

クセで話し方がどうしても足早になってしまう人は、

本当の性格はそうでもないのに「せっかちな人」「焦りやすい人」

という間違った印象を持たれる場合があります。

 

 

「性格を直すには、まず心から」とはよく言ったものですが、

勘違いで本来の自分とは違うイメージを持たれてしまえば、

元も子もありません。

そこで、今回は第一印象が横着者になってしまうという人でも

簡単に落ち着いた人に見られる話し方・言葉遣いのコツ

について解説したいと思います。

 

 

「落ち着いた人になりたい!」話す速度をゆっくり目なスピードにするだけでも、落ち着いた雰囲気が出る

 

 

これは、日常会話だけではなくて、

スピーチや発表会など、自分の意見を一方的に話す時も

重要なポイントになります。

 

 

なぜならば、相手が自分の話をきちんと聞けているかどうか

まったく確認せずに、どんどん早口で会話を進めてしまえば

話し相手はどんどん聞く気がなくなっていくからです。

 

 

ただ単に、ゆったりした緩やかなスピードで話すことでも

十分「おちついた人」に見える効果がありますが、

できれば聞き手の様子を見ながら、

ちゃんと自分の話を聞いてくれているかどうか、

確認しながら話してみましょう。

 

 

そうすれば、相手からも「早く話が終わってほしい」

などとは思われず、落ち着いた大人な雰囲気の人

というイメージを持たれやすくなります。

 

 

声の高さを低くする トーンを少し下げる

 

 

高い声は周囲に元気で明るいイメージを与えますが、

人によっては耳障りで不快に思われる原因にもなります。

そこで、声が高めな人は、

わざと声のトーンを1音又は2音下げることで、

安心感のある穏やかな声に聞こえるようになります。

 

 

ですが、あまりに低い声になってしまうと、

同時に声も小さくなりやすくなり、

相手に聞き取りづらい声、暗い声になってしまうので

注意が必要です。

 

 

相手の話を聞いている態度を見せる 沈黙時間を有効活用する

 

 

「自分の話をするのが好き!」

という人が陥りやすい行動に、

相手の話を全く聞かず、

マシンガンのように自分の話ばかり展開してしまう

というクセが見られます。

 

 

時には自分の気持ちを大いに言葉に表すのも良いと思いますが、

普段からこのクセがついてしまうと、

他人から「性格がキツイ人」「せかされる人」

と見られてしまう要因となります。

 

 

そこで、話し相手が何か意見を述べた時は、

「うんうん。」「そうなんだ。」

と頷きながら、少し会話の間を空けるのも有効です。

よく、会話中の沈黙が怖いという人がいますが、

数秒経ってから、相手の顔をしっかり見て話すくらいの

心の余裕が持てるようになれば、

あなたはもう落ち着いた人の一員と言えるでしょう。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ