ネガティブ思考な性格の直し方 暗い人・元気がない人の特徴

スポンサーリンク

落ち込んでいない時でも、

「元気なさそうだね。」「あなた、大丈夫?」と心配されたり、

暗い性格だと思っていないのにも関わらず、

「君って根暗だよね。」「暗い性格だよな。」

と言われた経験はありませんか?

 

 

暗い人に見えてしまう理由には、

考え方がマイナス思考、

または感情の起伏が激しいなどが原因となる場合もあります。

しかし、実はあなたの喋り方が問題で

暗い性格だと決めつけられている可能性もあるのです。

 

 

暗くて元気がない人の特徴・暗い人に見える原因

 

 

話し方が影響してあなたの性格が暗いイメージになる場合、

声のトーンが低くて、なおかつ声の大きさが小さいことが原因です。

 

 

何か不幸な事があったのではないか?

と思うような低い声と、消え入りそうなか細い声しか出せないと、

客観的に見て元気がないと思うのも、当然の反応と言えます。

 

 

 

それと比較して、元気がある人は

挨拶をしてもハツラツとしていて、

パワーが爆発しそうな勢いで大きな声を出します。

 

 

実際には元気がない場合でも、

大きな声でハキハキ話すクセがついている人は、

「明るそうな人だなあ。」「おおらかな性格っぽいな。」

と勝手に判断されてしまう事もあるのです。

 

 

ネガティブ思考の治し方 元気のない根暗な雰囲気を払拭する方法

 

 

まず、小さな声しか出さない人の考え方で一番問題なのが、

「私はこの声の大きさが一番楽だから、

これからもこのままでいよう。」

という心理状態に陥ってしまい、開き直ってしまうことです。

 

 

確かに、暗い人本人にとっては

精神的にも、身体的にも楽ができるというメリットは得られます。

しかし、逆の立場になって考えてみるとどうでしょうか?

あなたと話をする人は、いつでも耳を立てながら会話をしなければなりませんし、

あなたの暗いイメージキャラクターに自分の人生・元気さえも奪われてしまいます。

 

 

あなたが良いと思っていても、

あなたのネガティブ思考(ネガティブシンキング)に対して

あなたの周囲の人間は非常に迷惑しているのです。

その事を意識していれば、自然と治そうと声を出すようにもなるでしょう。

 

 

元気で明るい声を出す練習方法 トレーニングのコツ

 

 

「小さい声のままではダメだ!」

という意識ができるようになったら、

次は元気な明るい声に直す練習に移りましょう。

 

 

日常会話で自然と大きな声を出すのに効果的なのが、

新聞の記事や本・ニュースの内容を自分の声に出して読むことです。

まずはじめに、普段より少し大きめな声を出しながら

一字一句、文字を間違えないように音読していきます

 

 

その次は、同じ文章を自分の言葉で直して

話すようにしゃべってみましょう。

例えると、次のような感じです。

 

 

ニュースの内容「昨夜、○○市で大雪が発生しました。」

自分の言葉「そういえば、昨日○○市っていう所で大雪が降ってたみたいだよ。」

 

 

 

毎日5~10分ほどでも良いので、

この練習を繰り返していると、

日常会話でも大きな声で話せる癖がついてきます。

また、その他にも

 

大きな声を出すうちに気持ちまで明るくなってくる

人が寄ってくるようになる

言いたい事を瞬時にまとめるスキルも身につき、臨機応変な対応ができる

 

という効果も期待できます。

声の大きさとは単純な問題ですが、

単純だからこそ、大きな影響力を持っているとも言えますね。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ