なぜ「苦手な人」「嫌な人」ができるのか パターン化した人間関係

スポンサーリンク

あなたはこれまでの人生の内、自分を取り巻く人間関係において、

 

「あの人と話すのは苦手だ」

「どうやってあの人と付き合えばよいかのか、話しかけたら分かり合えるのか分からない。」

「意地悪そうな人と話すと、いつもこういう会話のパターンに陥る。」

「合わない人、嫌いになる人のタイプが大体いつも似通っている。」

 

と感じる人と出会った体験は何度ありますか?

 

 

「以前にも同じような性格の人と話して嫌な思いをしたし、

もしかして私って不器用なのかな?」

 

ふと気がつくと、昔の体験が蘇るように

同じようなパターンで嫌な経験をしたという過去を持っている人もいるのではないでしょうか?

 

 

 

「一度逃げ出しても、また同じ思いをすることになる」

という言葉がありますが、これはあながち間違ってはいません。

むしろ、人生においての真実の一つとも言えるでしょう。

私達が「人間関係において同じような体験をした」場合、

それは過去と同じパターンに陥っている可能性が極めて高いです。

 

 

しかし、その時の会話のパターン・行動パターンを理解し、対処法のコツを押えることで

再度同じ失敗を繰り返さないように苦手な状況をを克服することもできるのです。

 

 

「あの人と話すのは苦手だ。」「相性が悪いから接するのが嫌だ。」「イジメっ子からイジメられている気がする」人間関係が上手くいかない本当の理由とは?

 

 

「あの人とは人間的に、性格の相性が悪い。」

「イジメっ子に目をつけられやすくて、すぐイジメられてしまう。」

「お互い嫌いだろうし、仲が悪くなるのは仕方がないことだ。」

 

 

こうした人間関係を取り巻く問題は、

ほとんどの人が「相性の問題」「相手の人格の問題」と決めつけて、

解決を諦めてしまいますが、本当の原因は相性が理由ではありません。

コミュニケーションが上手くいかない本当の理由は、

「お互いのコミュニケーションの方法が間違っているから」です。

まずは、その根拠について具体例を出しながら解説したいと思います。

 

 

 

好かれる人と、嫌われる人

イジメる人と、いじめられる人

傲慢な人と、謙虚な人

 

 

全く別の性格の人達がペアになったとき、

どちらかが損をすることを想像するのは難しくありません。

しかし、なぜ想像するのが難しくないのか、考えたことはありますか?

 

 

 

 

答えは簡単です。

衝突が起こりそうな会話のパターンが粗方決まっているからです。

つまり、問題が起こりそうな悪い会話のパターンをしてしまう確率が非常に高いために、

上記のようなペアを組むと、問題が起きるということを簡単に想像できてしまうんですね。

 

 

 

「しかし、自分自身の性格を今から変える事などとてもできない。

この対人関係の問題を解決する方法はあるのか?」

 

 

対人関係を改善する方法はあります。それも単純な方法で克服できます。

悪い会話のパターンが人間関係を築く障害となっているなら、

相手にとって良い会話のパターン・適切な付き合い方を繰り出せば良いのです。

 

 

人間関係をやり直す方法 会話のパターンを理解すれば、誰とでも仲良くなれる!

 

 

イジメっ子とイジメられっ子の会話パターンを変える

 

私は学生の頃、初対面の人と話すのがとても苦手で緊張してしまう性格のため、

気の強いイジメっ子からイジメられるターゲットにされかけたことが何度かありました。

 

 

イジメっ子「なあ、お前。何か面白い事やってみろよ。」

イジメられっ子「え・・・いや・・・。」

イジメっ子「何だよ。なにか言ってみろよー。」

イジメられっ子「いや・・・・あ・・・」

イジメっ子「おもしろくないヤツだな。お前、いじめられてるだろ。」

 

 

イジメっ子の突拍子のない話し方についていけないイジメられっ子は

どうしたら良いか全くわからず、ナヨナヨしています。

 

 

そんなイジメられっ子を変なヤツだと認識したイジメっ子は

相手がまともに言葉を返して来ないことをいいことに、

自分の好き勝手な事ををどんどん言うようになっていきます。

この行動がエスカレートすると、俗に言う「いじめ」発生となります。

 

 

イジメっ子「なあ、お前。何か面白い事やってみろよ。」

イジメられっ子「え?急に言われても思いつかんわ。(強い声で。)」

 

イジメっ子「なあ、お前。何か面白い事やってみろよ。」

イジメられっ子「ラララア~~ラア~♪(急に歌いだす)」

イジメっ子「うははは。お前、本当面白いヤツだな。」

イジメられっ子「よく言われる。何が面白いのか分からんけど。」

 

 

幸い私は面白い発言をすることが得意で、

なおかつ英語の授業などで変な発音を大真面目にやったりしていたお蔭で

「面白いヤツ」というキャラに認識され、気に入られるようになりました。

そして、同性や上級生からもイジメられることなく小学校・中学校を過ごすことが出来ました。

高校からは別の理由で大変でしたが。詳細は「管理人の体験談」に紹介しています。)

 

 

嫌いな人、苦手なタイプの人との人間関係も、改善できる!

 

 

このように、嫌いなタイプの人、苦手な人がいる場合にも

別の会話パターン・行動パターンを見つけることで、

どんな人とでもスマートに付き合うことができます。

ちなみに頭の良い八方美人タイプの人は、このテクニックに優れている人が多いです。

 

 

また、人と積極的に交流しようとする性格の人も、人と接することにかけての能力が高いですが、

それはこういった会話のパターンを人一倍たくさん体験しているために、

覚えるくらいに体に染みついていることが要因となっています。

 

 

 

自分と性格が合わない人間、どうしても仲良くなれない人も

その人も絶対に誰か気の合う人がいて、

自分とは違う会話のパターンで仲良くおしゃべりしているはずです。

 

「自分とは何が違うのか?」「なぜ、何がダメなのか?」

 

自分が苦手とするタイプの人は、どうして自分と馬が合わないのか?

冷静な目で観察できるようになれば、これまで仲の悪かった人とも仲直りできるようになります。

客観的に会話パターンを見極めることができれば、あなたの人脈はより一層広くなるはずです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ