面倒くさい人間関係も会話力で解決できる

スポンサーリンク

会社の上司・部下・取引先で苦手な人がいる。

 

生活上余儀なくされるご近所付き合いで

どうも合わない人がいる。

 

嫌なのにからかわれてばかりいて、正直毎日が辛い。

 

 

上記のような悩みは、悩み具合の大小を含めれば

ほとんどと言ってもよいくらいの人が持っています。

 

 

「一緒にいると苦痛で、胃が痛むような人と長い時間を過ごす。」

というのは、目には見えませんが精神的な苦痛が非常に強いです。

そのせいで体調まで崩してしまう、という現象が現代社会では多々見られます。

 

 

にも関わらず、人間関係の悩みというのは、病気などと比べて軽視されがちです。

 

自殺の原因1位も、病気ではなく人間関係が挙げられているほどですので

人間社会のストレスというものは、それはもう計り知れないものなのですが、

そこまで重要視せずに、苦しい状況をほったらかしにしていることが大半です。

 

 

 

確かに、どれほど嫌な人とでも、

付き合わなければならない時というのはあるものです。

 

また、社会生活を送る以上、人との関わりを絶つことは難しく

人並みな人生を歩もうとすれば、避けて通ることはできません。

 

 

 

それではなぜ、ほとんどの人は嫌な人との状況を変えようとせずに、

現状維持の状態を続けているのか。

 

 

 

答えは簡単です。

自分が嫌だと思っている人と過ごす、苦痛だと感じる状況を

変える術を知らないからです。

 

 

 

普通の人は、ある程度のコミュニケーション術は

人と関わる内に経験を積み、習得していきます。

 

 

しかし、自分が苦手なタイプの人とのコミュニケーションというのは

一度失敗したせいで苦手意識が根づいてしまいます

 

その結果、苦手なタイプの人間とのコミュニケーションを取ることも減り、

「あるタイプの人間」に対処するスキルが全然育たないまま

大人になってしまうのです。

 

 

 

これが、あなたに苦手な人間が存在し、

その人間と過ごす苦痛な時間が改善されない真実です。

 

 

 

逆に、普通の人よりも積極的かつ頭の良い人は

様々な人との交流も自分から交わそうとします。

 

 

その結果、失敗したコミュニケーション方法から成功する方法を編み出し

「比較的誰とでも当たり障りなく話せる」

という状況を作りだすことが可能なのです。

 

 

 

あなたもそういった人に話しかけられると、

「話すのが好きで、話し上手な人だな。

誰とでも話せているし、本当にすごいなあ。」

と感じたことはありませんでしたか?

 

 

あれは、その人が「話し好きな性格だから話が上手い」のではなく

「人一倍会話経験を積んできたから、話が上手い。」のです。

 

これまでの人生で、誰とでも話せるようになるための体験をしてきたから、

あなたから見れば、誰とでも話せるように見えるのです。

 

 

 

つまり、積極的な人間くらいのコミュニケーションレベルに達するためには、

相当な勉強と実践を繰り返し、

会話のコツを掴んでいく必要があります。

 

ただし、それは何も材料がない0からの状況から

自分で会話法をあみだしていく場合です。

 

 

 

全く0からの状況と、

ある程度のハウツー法や

会話をするときの考え方(マインド)、

会話のコツを学ぶことができている状況を比べると

非常に大きな差があります。

 

 

 

そして、今は書籍やインターネットによって

専門的な知識が簡単に手に入れることができます。

 

 

その中から正しい知識を見つけ、

それを利用して実践に臨めば、

あなたの会話術はどんどん向上していくはずです。

 

 

あなたのコミュニケーションスキルが上がっていく内に、

いつのまにか積極的に会話をする人間のレベルに追いつき、

周りの人間があなたを見る目が変わっていくでしょう。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ