コミュ力は高くなればなるほど女性にモテる

スポンサーリンク

恋は盲目とはよく言ったものですが、

人を好きになると、相手を正常に判断できなくなり、

ふと気がついたら

「なんでこんな人を好きになったんだろう。」

なんて思う経験は多くの人が経験します。

 

 

特に、この体験を経験する割合は女性が多くを占めています。

では、どうして女性の方が恋愛に正常な判断力を奪われやすいのでしょうか。

 

 

 

それは、男性と女性の脳の作りに影響しています。

 

 

男性は理性で物事を冷静に判断しやすい神経になっていますが、

女性の場合、高まった感情を理性で抑えることは苦痛で仕方なく、不可能に近いため、

喜怒哀楽が男性よりも比較的激しく、その場の感情や雰囲気に流されやすいのです。

 

 

 

 

「女性が感情的なのは分かった。

でも、それで会話ができる人が女性にモテることと何の関係があるんだ?」

 

 

 

関係は大ありです。

つまり、会話で女性を楽しませれば、女性はすぐに楽しい人だと判断しますし、

言葉で女性を魅了すれば、女性はすぐに魅力的な人だと思い込んでしまうのです。

 

 

たとえ、表面上取り繕っているだけであっても、です。

私も経験済みですが、女性に好印象を持たせるような行動を取っていれば

女性の頭の中はすぐに「一回会話したけど楽しかった=会えば必ず楽しませてくれる」

と無意識の内に期待してしまい、それまでの態度が急変することがよくあります。

 

 

 

女性はよほど冷静な人でない限り、感情には逆らえません

(ごく稀に生まれつき冷静な性格の人、環境がその人を冷静にさせた場合もあります。)

 

ですから、自分から女性と積極的にコミュニケーションを取って

女性に対して自分が楽しくて魅力的な人物だということを

アピールすれば、絶大な効果を期待できるのです。

 

 

 

 

「恋人ができない。結婚できない。」

「恋愛どころか、女性との楽しくてウキウキする会話に混ざることすら夢のまた夢の話。」

 

そんな悩みを持つ男性が意外と大勢いることが分かったときは

私も驚きました。

しかし、同時に「皆同じ悩みをもっているんだな。」

と嬉しくも思ったものです。

 

 

 

 

女性に慣れていない男性から見ると、

女性は未知の生物で、どう会話すればよいのか見当もつきません。

 

 

しかし、そう思うことを恥じる必要は全くありません。

男性の会話は「必要があれば話す・問題解決のための」道具なのですが、

女性の会話は一転して「仲良くなるため・仲間を増やすための」道具になります。

 

つまり、男女間では会話の使い方・会話をする目的が

全く違うベクトルに向いているのです。

 

 

ですから「必要があれば話す・問題解決のための」道具としての認識で

女性と会話を試みると、まともにコミュニケーションがとれないのは当然のことなのです。

 

 

 

ですが、その違いを意識して言葉の使い方を変えることさえできれば、

つまり会話のコツさえつかめば驚くほど簡単に

女性と楽しくコミュニケーションを取ることができます。

 

 

 

私も社会人時代は、周りの女性に助けられ、サポートしてくれたおかげで

厳しいながらも随分と楽しい時間を過ごさせてもらいました。

 

 

当時は、会話について素人だった私でしたが、

そんな私が少し努力を継続しただけでも

女性と楽しく交流することができたのです。

 

 

 

「異性との人間関係が上手くいかない。」

「会話・コミュニケーションが取れない。」

 

そんな人は、逆に自分の人生を大きく変えるチャンスでもあります。

女性と自然に会話ができると、明るいエネルギーをもらえますし、

本当に楽しい生活を送ることができますよ。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ