コミュ力が低いとイジメられやすくなる

スポンサーリンク

会話に苦手意識があるという人は、

人間関係を構築することにも一苦労です。

 

 

そのため、自分のことをなかなか理解してもらえず、

どうしても仲間内からハブられたり、

よそよそしい態度のせいで、周りの人間から見下されたり、

時にはいじめられる根本の原因になることもあります。

 

 

特に、初対面で変な態度を取ってしまうと、

そういうヤツなんだと勝手に誤解されてしまい、

本来ならばイジメられることもなかったのにも関わらず、

ひどい目に遭わされ、不快を思いをするハメになってしまうのです。

 

(私もこの「初対面で嫌われ、いじめっ子に目をつけられる」

という経験をしたことがありますが、

やはり初対面が苦手というのは、生きていく上で大きな障害になるのです。)

 

 

どうしてこのような問題が起こるのかといいますと、

そこには加害者と被害者、両方に原因があります。

 

 

加害者側は、相手を理解する能力が不足しているか、

人格的な問題があります。

(イジメることに快感を持つ、など。暴力的・攻撃的な性格ですね。

これは生まれながらの資質と、生活環境

原因になっていることが多いです。)

 

 

一方、被害者の方はというと、

コミュニケーション力の不足が原因です。

 

 

 

「イジメは加害者が絶対に悪い。」

それは私も正論だと思います。

 

 

しかし、イジメる人はどうしても存在するので、

もしそんな人が現れたときのために、身を守るためにも

自分のコミュニケーション力のレベルを上げることが

イジメの問題を解決するのに一番効率的な方法なのです。

 

 

 

「コミュニケーション不足が原因なら、

先生や保護者・社会人なら自分の理解者に相談して、

話し合いの場を設けた方が良いのではないか。」

 

この方法も、一時的に問題を解決するためには良い方法だと思います。

イジメていた子とも、もう一度仲良くなるチャンスがあります。

 

 

しかし、根本となるイジメられ体質が改善していないので、

また同じようないじめっ子と出会った場合、

またイジメられるという現象が起こってしまう可能性が高いです。

 

 

結局、他人の力を借りた解決策は、一時的な改善にしかならないのです。

(昔イジメをしていたが、今は仲良くなったという子が、

今度は助けてくれたり、庇ってくれるようになる、

というケースも無いわけではないですけどね。)

 

 

 

ですが、イジメられやすい傾向にある人は、

なよなよしてなくて、堂々としているように見える方法や、

怖い人にもスルーしてもらいやすくなる方法など

即効性もあり、簡単にできる初心者テクニックを駆使すれば

それだけでもかなり状況は変わってきます。

 

 

 

イジメられやすい人にとっては、

そんな方法あるのかと疑問に思うかもしれません。

 

しかし、少し思い返してほしいのですが、

あなたはイジメられやすくても

周りにいる人達はそうでもない、ということはありませんか?

 

 

それは、周りの人達は無意識の内にイジメられにくい態度や会話術を

使っているだけで、

あなたもその無意識に使われているモノ「会話のコツ」の正体が分かれば、

見る見るうちに状況は変わってくるでしょう。

 

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ