女性を幸せにする方法「一度の大きな喜び」ではなく「些細な気配り」

スポンサーリンク

前ページでは、女性が幸せを感じる事はとは何か?

その真実を知らな男性が、いかに女性のために尽くしても

一生女を幸せにする事ができない理由について解説してきました。

(関連記事:なぜ、高価なプレゼントや素晴らしい思い出が女性を満足させないのか

 

 

しかし、女の満足感・幸福感の謎を知らない鈍感な男性でも、

毎日の生活である事を意識し始めた途端、

女性は上機嫌になり、恋愛関係・夫婦生活が嘘のように上手くいくようになったのです。

 

 

その女を一瞬にして幸せにする方法とは、一体全体何だったのか?

今回は、女を幸せにする男の行動と、女性を満足させるコツについてお話ししたいと思います。

 

 

女性の幸せとは何か?女を幸せにする男の条件とは?

 

 

冒頭でもお話したように、いくら努力家で真面目で仕事熱心な男性でも、

女性を満足に喜ばせることができるかどうかは別問題です。

 

 

事実、会社でも成績も良く性格もやさしい完璧なスペックの男性社員が、

結婚相手の妻とは冷え冷えの関係だったりすることもよくある話です。

 

 

しかし、そんな冷え切った人間関係から、

男性側が日常生活である事を意識し始めただけで、

嫁からも信頼され、良好な夫婦円満な家庭を作り直すことができたのです。

 

 

その方法とは、

「些細な気配り」「思いやりのある言葉」を愛する女性に頻繁に使うことでした。

 

 

女が幸せを感じる時 男が女を喜ばせる簡単な方法とは?

 

 

前ページ「なぜ、高価なプレゼントや素晴らしい思い出が女性を満足させないのか」では、

高給取りで仕事人間の男性が、女性を喜ばせるために

何か大きなサプライズをしたり、高価なプレゼントをしたりすることを

方法として選びましたが、これは余計な苦労をしていたことになります。

 

 

なぜならば、女性は男性とは違い、

「一度の大きな喜び」ではなくて、「積み重なる些細な喜び」

に幸せを感じるからです。

 

 

 

高収入で良い家に住み、高い買い物をして贅沢をさせても、

女性は人生で得られる幸福感を満たすことは決してできません。

 

 

そんなものよりも、男性自身の気遣いの心や思いやりから出る行動、

愛のある言葉に女性は癒され、喜びを感じるのです。

 

 

 

例えば、女性がつかれている様子を見せている時は、

「大丈夫?」「何か手伝おうか?」と進んで助けを申し出る。

 

女性がちょっと話したそうにしていたら、

今やっている事を止めて、会話に集中する姿勢を見せる。

 

もし、あなたが妻帯者の男性、または交際中の好きな彼女がいる男であれば、

こまめに「今日もかわいい」「好きだよ」というメッセージを

頭の中で思うだけではなくて、相手に分かるよう言葉にして伝えるようにする。

 

 

男性目線で見れば、これらの善意は

取るに足らないような行為でしかありません。

 

 

しかし、この小さな善意の積み重ねを行えば、

あなたが思っているよりもずっと早い期間で、

それも劇的な変化で、その効果が女性の態度に表れてくるでしょう。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ