雑談は身構えて話さない 大いにどうでも良い話題を話そう

スポンサーリンク

雑談にルールはありません。

雑談というのは、言い換えれば「雑な談話」をするだけですので、

「失敗するわけにはいかない」と身構えてしまうのは、

本来の雑談の目的から遠ざかってしまうことにもなります。

 

 

雑談をするときは、失敗のことなど考える必要はありません。

盛り上がらなければ、また違う話題を出せば良いだけなのです。

 

 

ここでは、雑談をするときにどのような感覚で行えばよいのか、

その意識の仕方について説明したいと思います。

 

 

雑談は失敗を恐れる必要がないことを知ろう

 

 

「ちょっと、今の私の話は面白くなかったかな。」

「変な所で笑ってしまったから、変な人だと思われちゃったかな。」

「何だか話しかけたのに全然会話が弾まなかったな、これからどうしよう。」

 

 

雑談で失敗を犯してしまった時、

こんな風に思うことがあるかもしれません。

 

 

確かに、一度行った会話を見直す反省はした方が良いです。

次に同じような状況になっても、反省して対策を考えていれば、

うまく対応することができるからです。

 

 

 

しかし、反省は良いとしても、

必要以上に落ち込んだり、心配に思う必要は全くありません。

なぜなら、相手はあなたの変な行いに対して、あまり気に留めていないからです。

 

 

もし、少し変な言動をしでかしても、

そんな些細なことは、時間が経てば相手はすぐに忘れてしまいます。

 

 

 

 

「それでも、もしかしたらすごく気にしてるかもしれないし・・・」

 

心配事が頭から離れない人に、ひとつお聞きしたいことがあります。

些細な失敗で落ち込んでいるあなたも、

相手の失敗に対して、特に気に留めていなかったりするのではないでしょうか?

 

 

「今のは何だったんだろう。まあいいか。」

「まああの人はあの人だし、そんなに気にすることでもないよな。」

「あいつ、何であんな話をしたんだ?あ、それよりも、今は別の事を考えてたところだった。」

 

 

雑談中に起こる些細で不自然な事は、

実を言うとあなたも相手も誰もあまり気にしていないのです。

ルール無しの雑談においては、人は意外と寛容な性格になるのです。

 

 

何か他に考え事があるならば、すぐに忘れてしまうような取るに足らない問題

いつも頭を悩ませるのは心がけるようにしましょう。

 

 

雑談は内容よりもテンポが大事 どんどん思いついた話を繰り出そう

 

 

ですから、たとえ面白くなくて、全然盛り上がらない話をしてしまったとしても、

「ああー!やってしまったあー!」とずっと落ち込むことは愚かな行為とも言えます。

 

 

落ち込む暇があれば、次に相手が乗ってきそうな話を考えて、

どんどん繰り出していけばよいのです。

 

 

 

「この話はイマイチだったな。じゃあこの話題ならどうだろうか?」

「そういえばこの人は、こういう事に興味があったな。次はそれについて話してみようか。」

 

 

雑談にルールはありませんので、話す内容は何でも良いのです。

さらに言うと、雑談は内容よりも、テンポの方が大事になってきます。

 

 

出した話題がイマイチ盛り上がらずに終わってしまったら、

上記のような適当ともいえる考え方で、テンポよく会話を展開させていきましょう。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ