雑談は人間関係を構築するための基本ツール

スポンサーリンク

人は人と関わることで、人生を豊かに生きることができます。

 

 

人とのつながりが全くない状態は、

心身に大きなストレスを貯めることになります。

 

 

人とコミュニケーションを取り、交流して、

自分の事を話さないと、ムカムカする感情が貯まります。

 

 

なぜなら、人は元々おしゃべりで、

話をしたくて仕方がない生き物だからです。

 

 

 

そして、自分は孤独ではないことを証明するために、

他人との時間を楽しむ本能が備わっているのです。

 

 

この人間の本能を無視し、孤独な人生を歩めば

味気なく、面白みのない生き方をずっと続けることになってしまいます。

 

 

人は人とつながりを持つことに幸福感を感じる

 

 

仕事でも家庭でも友人関係でも何でもそうですが、

コミュニケーションを取って、お互いのつながりを認識しないと

何事も上手くいきません。

 

 

これには、他人を知って信頼感を作ることの他にも、

他人と言葉を交わすこと自体に、何か大きな意味があることが考えられます。

言葉のキャッチボールは、人間関係の潤滑油になる、ある隠された真実の効果があるのです。

 

 

 

 

なぜ、人は人と交わるのか?

その本当の目的は、幸福感を得るためです。

 

 

学校で人気者になること、社会で認められることは

この幸福感を得るために付いてきた付録のようなものです。

 

 

人は、人と関わりを持っていることを確認することに

大きな幸せを感じ取ることが出来る生物なのです。

 

 

 

 

長い間ずっと一人で作業を続けたり、知らない土地で働き続けていたときに、

親しい知人が訪ねてきてくれるような事があると、夢中で話し込んでしまいます。

 

 

これは、いかに人が孤独感を味わうことが嫌いで、

人と人とのつながりを求めているかを証明しています。

 

 

 

あなたも似たような体験をしたことがあるのではないでしょうか?

 

 

新しい学校へ行って、知らない人ばかりいる中で話しかけてきてくれた友人。

新しい職場で、気を遣ってサポートしてくれた同僚。

 

 

孤独感で苛まれている中、安心して、笑顔になった瞬間という経験が、

誰にでもあるはずです。

 

 

人間関係を構築するための一番効果的な道具は「雑談」

 

 

人間関係を構築し、幸福感を手にするためには

人とコミュニケーションを取ることが必要不可欠です。

 

 

そして、人とコミュニケーションを取るためには、

「雑談」というツールを使うことが一番簡単かつ効果的な方法でもあります。

 

 

 

「新しい学校へ行って、知らない人ばかりいる中で話しかけてきてくれた友人。」

「新しい職場で、気を遣ってサポートしてくれた同僚。」

 

 

このようなシチュエーションで執り行われた事と言えば、必ず雑談だったはずです。

人と簡単につながることができ、幸福感を得るためには

「雑談力」を身につけることが一番の近道です。

 

 

 

 

今の時代は、情報社会・IT社会ですので

SNSやチャットといったインターネットツールを「雑談」の代わりとして

たくさんの人々が利用しています。

 

 

確かにインターネットは非常に便利な道具ではありますが、

やはり直接会って話すことのできる「雑談」と比べると、

人と人とのつながりは薄く感じられます。

 

 

 

 

「雑談なんて何の意味もない。やる価値もない。」

そんな風に考えて生きていけば、

人生は何の面白みもなく、孤独感で溢れた生き方になってしまいます。

 

 

雑談のない人間関係は、希薄で薄っぺらい関係しか作れません。

人と深い人間関係を結び、人生に大きな幸福感を得るためには、

雑談力をマスターすることが、あなたの大きな力となってくれます。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ