女性が複数人いるところで、えこひいきは絶対にやってはいけない理由

スポンサーリンク

どんなにデキている人物であったとしても、

所詮は誰もが同じ人間ということに変わりありませんので、

人によって態度が変わったり、えこひいきしてしまうのは仕方がありません。

 

 

ですが、やはり贔屓にも限度があります。

あまりに特定の人物のみを可愛がったり、特別扱いしていると、

男性社会でも気に入らないという派閥が出来上がる可能性があります。

 

 

そして、男性の間でもそのような事が起きる程ですので、

女性社会で同じことをやってしまうと、周囲は敏感に反応します。

 

 

今回は、依怙贔屓(えこひいき)について、

女性が複数人いるような場所では特にやってはならない理由と

女性と接する時の注意点をお話したいと思います。

 

 

女性が贔屓を嫌う理由 原因は女性特有の文化にアリ

 

 

ひいきは女性だけではなく、男性もモチロン嫌いな行為に値します。

しかし、その「嫌い」という感情を男性が1とすると、

女性は10以上の指数をマークするかもしれません。

 

 

なぜ、女性はそれほどまでに特別扱いされる子に嫌悪感を持つのか?

それは、女性は理不尽や不平等が大嫌いで、平等性を重要視する文化を持っているからです。

 

 

世の中の女性は、様々な理不尽によって人生を狂わされているという事実を知る

 

 

アイドルや漫画、そして現実世界にも男性に上手く取り入り、

他の女性よりもチヤホヤされて得をする女の子キャラがいますが、

そういった女の子キャラは、全員もれなく同性の女性から嫌われていますよね。

 

 

これは、かわいい女の子が生まれ持った容姿という「理不尽な才能」をむやみに振りかざし、

人生で圧倒的な得をしようと自ら積極的に動いているからにほかなりません。

 

 

 

女性は昔から一人で生きていくことはできず、

誰かに縋りつくか、みんなで協力、協調し合って生きていくことしかできませんでした。

そのため、驚異的な権力や能力で不平等な差別や理不尽な行為を受けることに

どうしても我慢ならないのです。

 

 

女性の人生は、見た目が可愛いかどうかで左右され、

人生で得をする確率・損をする確率が大きく変わってしまう現実があります。

時代の変化と共に世界は大きく変貌を遂げましたが、

「美人が得をする」という点だけは世界共通、今の今まで揺るぎないものとなっています。

むしろ、過去よりもさらに重視されているフシもあります。

 

 

男性は美人でかわいい女性が大好きですが、

それだけの理由で可愛がられている女性を見たとき、女性は悔しくて仕方がないのです。

 

 

他人には平等に接することのススメ 贔屓は決してしないよう意識しよう

 

 

ですから、男性はそんな女性の気持ちを十分に理解して、

特定の人物だけを可愛がるのは避けるよう意識することをお勧めします。

 

 

そして、ここが一番間違ってはいけないポイントなのですが、

理不尽なポイントだけではなくて、成績が良い悪い・気が合う・合わないという理由でも

差をつけることは決して良くないということを覚えておいてください。

 

 

先ほども言いました通り、

女性はどんな人でも平等性を重視する文化を持っています。

そのため、仕事がデキルできない、

フィーリングが合う・合わないという原因でも態度を変えるような事をしては、

 

「あの人もヒイキする人だったのか。」

 

と、すぐに噂が立ってしまいます。

 

 

 

「成績いいやつとか、話しやすいヤツと多く会話するくらいいいじゃないか。

本当に女は神経質な人達だな。」

 

ふとそんな気持ちになりそうですが、

逆に言えば男性が鈍感でバカすぎるということにもなります。

 

 

誰かの上の立場にある役職の人は特に、

全員に平等な態度で接するよう意識しておきましょう。

 

 

そして、どうしても何か特別扱いをしたい場合は、

誰も見ていない所で、誰にも知られないように

ひっそりと贔屓してあげるようにしてください。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ