学校や会社など、自分の所属する組織に女性がいるときに注意すること

スポンサーリンク

共学の学校に通う人や、職場に女性が多いという人、

自分の周囲に女性がいるという人は、次のような心当たりがありませんか?

 

 

「最近、クラスメイトが急に避けるようになった。」

「仕事場の女性社員を中心に、態度が冷たくなった。」

 

 

これまで男社会で生きてきた人や、強い男性のボス・リーダーのいる場所で育った人は、

これらの急激な変化に戸惑うはずです。

一見して大問題で、難解な疑問に感じられますが、

実はこれ、周りの女性に気を遣っていないからという単純な理由だったりするのです。

 

 

一体、なぜ急に周囲の態度が変わるのか?

そして、なぜ自分の周囲の女性に気を遣わないと

村八分というか、島流しの刑のような状況に追い込まれてしまうのか?

知らない内に仲間外れにされてしまう、

その原因と解決策についてお話ししたいと思います。

 

 

女性からの評価を気にしなければならない理由とは?

 

 

男社会でずっと暮らしてきた男性が女性のいる集団に入り込んだ時、

上で説明したような状況に驚くことがあります。

しかし、これはある意味当然ともいえる現象なのです。

 

 

なぜかといいますと、

男性社会とは上の者の命令には絶対逆らえない、

秩序と仕組みがあらかじめ出来上がった縦社会です。

 

 

しかし、それと比較して女性社会はといいますと、

どんな立場のモノでも、どんなに年齢差があったとしても

全員が平等の立場で話し合い、分かち合おうとする横社会の仕組みになっています。

 

 

つまり、女性が強い力を持つ組織では、

たとえ自分が偉い人間で権力を持っているからと言って

目下の人間に対して自分勝手で自己中心的な言葉や、

他人を尊重し合ったり、助け合おうとしない行動を取ると、

必ず集団の外へ放り出されます。

 

 

 

男性社会であれば、「情け」「人情」「けじめ」という文化も強く残っているので、

器量・包容力ある男のリーダーがそれを上手く使い分けることで

失敗した者の再起挽回のチャンスを与えることもあります。

 

 

しかし、女性社会の場合は一度信頼を無くすと

慈悲や情けといった感情はほとんど見られません。

一度関係を絶たれてしまうと、本当に挽回が難しいのが女性社会なのです。

 

 

女性社会では、横社会特有のネットワークがあなたの評判を決定づけている

 

 

そしてもう一つ、女性に気をつけなければならない点があります。

それは、女性は横社会なので

すべての情報を共有し合うネットワークが張り巡らされているという点です。

 

 

よく、スパイ映画などで凄腕の男性が

「女性は情報の宝庫だ。」

と言って、さまざまな女性とコンタクトを取ろうとする様子が描かれていますが、

あれは本当のことですし、一般社会でも同じ事が言えるのです。

 

 

たった一人の後輩に少し小言を言っただけで、集団で嫌われた先輩の例

 

 

例えば、学校の先輩であるあなたは

後輩の女の子に対して命令口調で何でも指示していたとします。

 

 

先輩の言うことは絶対厳守の男性社会では

それで問題が起こる事はあまりありません。

 

 

しかし、女性に対して乱雑な対応を続けていると、

それは必ず他の女性にも繋がり、その内自分の周囲全員にまで広がります。

具体例を出すと、下のような感じです。

 

 

 

女の子「ねえねえ。○○先輩が本当に厳しくて、しかも上から目線でムカつく。」

友達A「へえー。そうなんだ。見ただけじゃわかんなかったけど。」

 

友達A「ねえねえ。○○先輩って本当にひどい人らしいよ。」

友達B「ああ、そういう噂話を聞いてたんだけど、本当なんだね。」

 

友達C&D「あの先輩、本当に陰険で人でなしな人なんだって。」

年上の部活仲間「俺たちがいる時は猫かぶってたのかもな。」

 

噂話を聞いた担任&顧問の先生「そうなのか・・・。これはちょっと問題ですね。」

 

 

このように、自分が悪い事をしたのは一人だけ、

しかもちょっとした事であったとしても、それは一夜にして全員へ広がり、

自分がその噂話を聞いたころには、さらに何倍も大げさな内容になっている

という、取り返しのつかない状況に追い込まれる可能性があるのです。

 

 

女性は男性の想像以上に怖い生き物 自分の情報は全て把握されていると覚悟するべし

 

 

女性は噂好きと言いますが、裏を返せばどんな情報も筒抜けということにもなります。

このように、女性中心の組織は男の目線から見れば華やかで優しい印象を受けますが、

裏ではこうしたドロドロの黒い情報が、日々休むことなく飛び交っているのです。

 

 

そう考えると、厳しい所はあっても

まだ男性社会の方が優しくて、慈愛に溢れているようにも感じられますね。

 

 

ちなみに、私は女性社会の現実を目の当たりにしたとき、

血の気が引いてしまうような恐ろしい体験をしました。

女性は男性が思った以上に怖くて生々しい本質があったのです。

(もちろん、男性にはない優しさの心があることも事実です。)

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ