褒めることで人との関係は良好なものにできる

スポンサーリンク

人と信頼関係を築く上で、人を褒める技術は非常に大切です。

 

 

「上手く褒められないと、部下は誰もついてこない。」

「子育てをする際に、子供を褒めることは大事なポイント。」

 

 

と、世間ではよく言われますが、決してそれだけの関係ではなく、

 

デキる上司と部下、経営者と社員、先輩と後輩、

友達関係、大人と子供、男女関係等・・・

ホメる話術はどんなシチュエーションでも使いこなせば高い効果を発揮する、

強力なコミュニケーションスキルの一つです。

 

 

人は、基本的に褒められることが好きな動物

 

 

他人から自分の事を褒められて、嫌な気分になる人はそうそういません。

ホメ言葉を使われて、少し遠慮がちになっているような人も、

心底嬉しく思っているものなのです。

 

 

そして、自分を嬉しい気持ちにさせてくれる人間をむやみに嫌う人はまずいません。

つまり、ほめ上手になり、ホメ言葉を駆使することは、

楽に人に好かれる人間になれるようにもなるのです。

 

 

お世辞を言っていると感ずかれ、下心があると思われるのが怖い人へ

 

 

人を真剣に褒めたことがない人は、ホメることに抵抗があり、

いざ褒めようと思っても、なかなかできない人もいると思います。

 

 

また、今まで人を褒めた経験があまりない人が褒める事に挑戦すると、

どうしてもぎこちなく感じてしまうので、

 

「お世辞を言っていると思われるんじゃないかな?」

「下心丸出しとか思われてそう。」

 

と心配に感じてしまい、益々褒める事に苦手意識がついてしまいます。

 

 

 

しかし、先ほども申し上げましたように、

人間は基本的に褒められることが大好きな動物です。

少々大げさに聞こえても、ホメられていることには変わりありませんので、

褒めないよりもホメた方が断然良い結果を得られるのです。

 

 

褒める技術は、才能ではなく鍛えられ、身につけることができる

 

 

「コミュニケーションの心構え・メンタル編」コーナーの

会話術は才能ではなく鍛えられるページにて、

会話術は誰でもマスターすることができるという事をお話ししました。

 

 

褒める技術も、会話術の内の1つなので、

同じように練習を重ねれば、誰でも身につけることができるコミュニケーションスキルです。

 

 

 

「上手く褒められないと、部下は誰もついてこない。」

「子育てをする際に、子供を褒めることは大事なポイント。」

 

 

しかし、そういわれても、一体どうやって訓練すれば褒める技術を身につけることができるのか

会話に苦手意識のある人は見当もつかないと思います。

以前の私も人とコミュニケーションを取る事などまるで出来なかったので、

人を褒める行為をするなんて、持ってのほかでした。

 

 

 

そこで、「ほめ方のコツ」コーナーでは、

褒めるときの心構え・考え方から

実践で使える褒め方のテクニックまで

様々なシチュエーションに合った方法を掲載しています。

 

 

自転車にはじめから乗れる人がいないように、

はじめは誰でも下手クソな状態から始まります。

ですが、練習を重ねれば嫌でもレベルアップしていきますので、

ほめる事が苦手な人も、思い切って練習してみてほしいと思っています。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ