会話が上手いと周りの人から愛されるようになる

スポンサーリンク

何か特別なことをせずとも、その独特なキャラで周りから愛されている人

羨ましいと思ったことはありませんか?

 

 

人間的にも素晴らしい人・魅力を持ったパワーのある人が

そんな独特なキャラを持った不思議系とも言える人に興味を持って、

その不思議ちゃんは何の努力もなしに友好関係が増える

そんな、傍から見ればなんとも得をしているように見える人間っていますよね。

 

 

 

こういった「独特な人」には、なろうと思っても

なかなかなれるものではありません。

 

羨ましく思って真似をしてみても、

どこか嘘くさくて、全然人に相手にされないはずです。

 

 

これは天性の才能と、その人の環境が合わさっていることに原因があるのですが、

わざわざそんな人のマネをせずとも、会話力を身につければ

そんな独特な人以上に多くの人に愛されるようになることは十分可能です。

 

 

 

 

愛される人間には、もう一つの種類があります。

以前も記事に書きましたが、

「相手に自分の価値を与えられる人間」です。

(関連記事:人気者に共通してある、ひとつの特徴 はこちらをクリック) 

 

 

リーダーシップを取っている人は、道を開いて周りを導く価値を

控えめでも温和で優しい人は、癒しや安心感を

お笑い芸人のように楽しくにぎやかな人は、愉快で明るい雰囲気

人々に与えていて、そういった人達は必ず周りの人間から愛されています

 

 

そして、上記のような

「相手に自分の価値を与えられる人間」タイプの愛される人間の能力は

コミュニケーションについての知識を勉強し、実践することで

鍛えることが可能です。

 

 

どんなに会話が苦手な人でも、

インプット(勉強)とアウトプット(実践)を繰り返せば、

人に自分の価値を上手に与えられるようには必ずなりますし、

無理せず自分のペースで、自分のキャラを演じられるようになります。

 

 

 

 

「でも、わざわざ努力して人から愛されるようになるなんて、

元々特殊で魅力ある人間からしたらバカみたいに見える気がする。」

 

そんな風に考える人もいるかもしれませんが、

それは違います。

あなたが人に愛される人になることは、多くの人の利益にも繋がるのです。

 

 

むしろ「何か特別なことをせずとも、その独特なキャラで周りから愛されている人」は、

成長して自分から積極的に人に何かしら価値を与えるあなたのことを

心底羨むようになるでしょう。

 

 

それはなぜか。

独特なキャラで周りから愛される人は、

自分から相手に意識して価値を与える能力が低い場合が多いのです。

 

 

さらに、自分から意識して価値を与えることが苦手なため、

誰かが自分に興味を持ってくれない限りは

寂しい毎日を過ごすハメになってしまいます。

 

 

天才的な資質を持っている人は、能天気に見えることもありますが

意外と日々孤独に怯え、悩まされているのです。

 

 

 

ですから、そんな風に孤独に怯える人達を助けるためにも

あなたが人から愛される人に成長することには

大きな意義があるということができます。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ