あなたの人脈・人とのつながりは雑談力がすべて決める

スポンサーリンク

会話力を鍛えることで得られるメリットにつきましては、

私のプロフィール詳細も記載している「会話のコツ吉について」コーナー

「会話上達で得られるメリット」コーナーなどでもお話ししました。

 

 

さまざまなTPOに合わせて、柔軟に対応できる会話ができれば、

いつ、どんな場所へ行っても人生が上手くいくようになります。

 

 

 

ですが、いかなる状況にも対応できる会話力を身につける前に、

本コーナーで詳しく説明した「雑談のコツ」を極めるだけでも

自分の身の周りに相当な変化を感じられるようになるはずです。

 

 

たかが雑談ですが、されど雑談です。

雑談ができるできないでは、人生に大きな違いが出てくることは間違いないのです。

今回は、そんな雑談の必要性・重大性についてお話ししたいと思います。

 

 

人と触れ合える回数が増えれば、他人を知り、己をも深く知ることもできる

 

 

矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、

人は他人がいなければ自分の存在を確認することができません。

 

 

なぜならば、人は人と関わらなければ

己の事について何も知ることができないからです。

 

 

 

 

他人と多く交わる機会を増やせれば、

今まで聞いたことも見たこともない「価値観」を知ることができるようになります。

 

 

「価値観」の多様さを知ることは、

自分が知っている以外の膨大な「生き方」の方法も知ることになります。

 

 

 

他人の生き方を多く学ぶことで、

 

「そんな考え方があるんだ。私とは違うな。」

 

「あの人はこういう価値観を持って生きているんだ。

それに比べて私はこういう性格で、こういう特徴があるんだな。」

 

 

と、他人との違いを確認し、

自分がどう生きているのかが明確に分かるようになるのです。

 

 

 

 

また、より多くの人と深い関係を築くことができれば、

それだけ自分の視野を広げることができるようになります。

 

 

多様な考え方を身につけ、

様々な観点から物事を捉えられるようになります。

 

 

そして、このスキルは、仕事でも、日常生活でも、どんな所でも活躍します。

なぜならば、多様な考え方を駆使することで、

自分に合ったよりよい生き方を見つけ出し、

自分の生活に取り入れられるようになるからです。

 

 

 

 

また、あなたはこれからの人生、ものすごい有名な人物に出会うかもしれませんし、

大きな変化をもたらす人物に出会うかもしれません。

 

 

しかし、それらキーマンとなる人物の影響を受けるためには

まずは自分が話しかけて、仲良くなることから始めなければなりません。

 

 

 

時の成功者も、大きな影響力を持つ人や、ものすごい実力を持つ人と出会うことで、

大成功を収めることに成功しています。

つまり、どんな成功者であれ、人と関係を結ぶことからすべてが始まったのです。

 

 

 

あなたの人生がこれからどう成功するのかは、誰にも予想がつきません。

しかし、もしあなたの人生に何か大きな変革が起きた時、

原因を突き止めていけば、それは人間関係を構築するために何気なく話した、

ただの「雑談」から始まっているはずです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ