気に障ることを言ってしまっても怒られないようにするためには

スポンサーリンク

相手の気に障ること、相手がとても気にしていることを

ついうっかり口にしてしまい、非常にまずい雰囲気になることってありますよね?

 

 

相手が穏やかな人であれば、

「ああ、まあ知らなかったんだろうし、いいよ。」

程度で許してくれることもありますが、

気性の激しい人にやってしまったら最後、

大変荒い口ぶりで激怒されるケースも考えられます。

 

 

 

相手に失礼な事を言ってしまった場合、

最悪怒られることは覚悟しなければなりません。

 

 

しかしながら、予想することができないこの現象、

相手が不機嫌になって爆発する確率を下げたり、

何とか感情を抑制させる術はないのでしょうか?

 

 

余計なことを言ってしまう癖は、何が原因でついてしまうのか

 

 

そもそも、相手が気にしていていることや、

不機嫌になるようなことを言わなければ

理不尽に怒られることもありません。

 

 

しかし、どうしても言わなくてもいいような余計なことを

ポロッと言ってしまう人がいます。

結論から言いますと、その人の性格が余計な発言をしゃべらせていますので、

余計な発言を言わないように克服・改善することは非常に難しいです。

 

 

 

 

この人達は、空気を読むことが苦手という弱点がある可能性もあります。

ですが、その他にも

「言った方がいいと思ったことは、つい相手の事を想って言ってしまう」

という、友達想いの人であることも多いです。

 

 

友達関係では、そこまで怒られることも、関係が悪化することも多くないと思います。

むしろ、気になったことをきちんと指摘してくれる人は少ないので、

「正直でいいヤツだ」「面白い人だ」と、プラスに捉えられる事もあります。

 

 

 

しかし、会社へ入り、社会人として生活すると、どうしてもタイプが合わない人や

あまり知らない人とも一緒に活動することになります。

 

 

親しい友人でもないのにも関わらず、

つい自分が気になったからと言って相手の気に障るような発言をしてしまい、

結果として感情的に当たり散らされることになってしまうのです。

 

 

 

「お前にそんなことを言われる筋合いはない!」

「何でそんなことを言うんだ!常識がないヤツだ!」

 

 

このように、相手の事を想った言葉を言ったとしても、

使う相手やシチュエーションを間違えると

予想外の地雷を踏んでしまうハメになってしまいます。

 

 

地雷を踏んでも上手くやり過ごすためには、一体どうすれば良いのか?

 

 

地雷をむやみに踏んでしまう特性は、その人を形作る人間的な特徴でもありますので

克服・改善することは非常に難しいと思います。

 

 

その上、地雷を踏まないように心がけると、

今度は会話そのものが減ってしまうはずです。

会話自体が減ってしまうのは本末転倒なので、

余計な口出しを抑制しようとすることは現実的な解決方法にはなりません。

 

 

 

 

それでは、一体どうすれば怒られないようになるのかと言いますと、

日頃から敬意をもって、相手を大切にする精神を持ちながら

コミュニケーションを取ることが一番現実的な改善方法です。

 

 

「しかし、これでは地雷を踏むことに変わりないのではないか?」

確かにその通りです。いくら丁寧な対応を心がけても

余計なことを言ってしまうクセが直ることはありません。

 

 

ですが、相手の立場に立って考えればどうでしょうか?

普段から好意的に話しかけてくれて、人間的に好きになった人物が

ちょっと気になることを言ったところで、感情を急変させて怒り狂うでしょうか?

 

 

 

 

きっと相手は許してあげようと考えるのではないでしょうか?

それどころか、好きな人物から余計なことを言われたとしても、

全く気にかけないか、「ああ、そういう所は直さないといけないな。」

素直に意見を受け入れるか、どちらかの対応を取ることも十分期待できます。

 

 

 

 

日頃のコミュニケーションで良好を人間関係を作っておく重要性が、

今一度確認できたのではないでしょうか?

 

 

仕事でも、家庭でも、学校でも、

周りと良好な人間関係を構築できていれば、

理不尽な思いをすることは格段に減るのです。

 

 

「地雷を言ってしまい、怒らせないか心配だ」と考えるよりも、

普段から雑談を重ねて、仲の良い関係を維持できるようにしておくことが、

怒られないようになるための一番の解決策なのです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ