安易に女性に対して助言・アドバイスをしてはいけない理由

スポンサーリンク

「最近、仕事が忙しくて疲れちゃったの。」

「イライラすることが多くてやんなっちゃう。」

 

 

女性のこんな愚痴や言い分を聞いたとき、

あなたはすぐに問題解決についての助言をしようと意識していませんか?

 

 

しかし、自分の事を話そうとする女性に対して

あなたからむやみに解決策や改善策などを提示すると、

納得しないような態度で黙り込んでしまったり、

逆に声を荒げて不機嫌になることがあります。

 

 

男性目線ですと、これらの女性の一連の行動は理不尽で不可解極まりないですが、

もしかしたら、今までそういった経験をした男性もいるかもしれません。

 

 

なぜ、女性に親切心でアドバイスをすると逆に嫌われてしまうのか?

その原因と、女性が不平不満を話した時の対応策・コツについて

お話ししたいと思います。

 

 

愚痴を話す女性が、男性の親切な助言・アドバイスを嫌う理由

 

 

冒頭の会話例のように、

女性が自ら愚痴・不平不満を言いだした時、

どうして男性の助言を聞くと機嫌が悪化するのか?

 

 

その原因ですが、女性の目的が会話内容の問題解決ではなくて、

ただ単に話を親身に聞いてほしいという理由から愚痴を言っているからです。

 

 

女性が他人に対して自分の話をするときは、

自分の仕事が上手くいかないことや、

毎日多忙で忙しい現状を何とかしたいという解決策を求めているのではなくて、

自分の話に同意してほしい、気持ちを分かってほしい、慰めてほしい

と思っているのです。

 

 

感情的になる女性とのコミュニケーション方法・上手くやり過ごすコツ

 

 

つまり、女性が話す内容を論理的に解釈し、

その現状から脱出するために「こうしたらいいんじゃない?」と助言することや、

冷静に判断した後に「それは大した問題じゃないよ。例えば・・・」

客観的な理由を述べて教えたりすることは逆効果になります。

 

 

女性はそんなことよりも、

「うんうん。」「それは大変だったね。」

と、自分の話をただ真っ直ぐに受け止めて

聞き続けてくれる人間を求めていたのです。

 

 

感情的な態度になる彼女の具体的な対処法

 

 

「最近、仕事が忙しくて疲れちゃったの。」

「イライラすることが多くてやんなっちゃう。」

 

 

感情的な態度を露わにして女性が話し始めたときは、

聞き手はその感情に支配されてしまって、

こちらまで感情的にならないように冷静な心を保ちましょう。

 

 

「そうなんだ。」「何か大変なことがあったの?」

怒りや不満を爆発させた彼女の迫力に圧倒されないよう、

あくまでも女性の話を聞くというスタンスで質問していきます。

 

 

「うんうん。」「それは大変だったね。」「ああ、それは嫌だね。」

怒りや悲しみ、苦しみなど、流れるように色んな感情を込めながら話す女性に

適度に相槌を入れながら、

その時の気持ちを分かってあげるように同意してあげます。

 

 

そうするうちに、いつの間にか女性も冷静になってきて、

最終的にはあなたに「話を聞いてくれてありがとう。」と、

お礼をして去っていきます。

 

 

悩みを聞いてあげると、女性の好感度はけた違いに高くなる

 

 

そして、この一連の流れを終えた後は、

その女性のあなたに対する好感度は、かなり高い評価に上昇しているはずです。

なぜならば、女性の最も大切にしている「共感」「協調」

という価値観を共有できた仲間の一人となるからです。

 

 

 

女性同士であれば自然と行えるコミュニケーションですが、

女性中心の会話に免疫のない男性であれば、必ず戸惑い、躊躇すると思います。

 

 

しかし、一度でも経験すれば「こういうものなんだ。」

と、なんとなく理解できるようになりますので、抵抗感もその内なくなってきます。

 

女性の話を聞くときのコツは、「冷静に聞く」「話を聞いて共感する」

ことにありますので、女性と話す時はこのテクニックを利用し、

女性から信頼され、頼られる男性を目指しましょう。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ