なぜ「乙女心は複雑」と言われるのか?「女心は複雑」の簡単な理由

スポンサーリンク

女性にとって男性の「男心」が理解できないように、

男性も女性の「女心」を全く解釈できず、悩み苦しむ人が多いです。

 

 

しかし、この「乙女心は複雑」と言われる謎の原因ですが、

女性の価値観・考え方を知っていれば、意外と簡単に説明できるのです。

 

 

今回は、多くの男性が戸惑い、翻弄される「女心は複雑」な理由について、

なぜ、乙女心は複雑と言われているのか?

そして、複雑な女心の解読方法・テクニックについて

詳細を説明していきたいと思います。

 

 

「乙女心は複雑」とは何なのか?女心は複雑と言われる原因

 

 

乙女心は複雑と言われる原因は、

男性視点で、男性のモノの考え方で女性を見ているため

起こった現象だと考えられます。

 

 

なぜならば、「乙女心は複雑」と似たような言葉は

「女心と秋の空」等、昔の日本を含め、

世界各地でことわざになるほど存在しますし、

昔の時代は世界中が男性社会で男性中心の価値観で染められていたからです。

 

 

つまり、過去の男達は現代社会以上に乙女心が分かる男性がいなかった

ということになります。

まあでも、昔は基本教育もロクに受けていない人で溢れていたから、

当たり前と言えば当たり前の事なのかもしれません。

 

 

「女心は複雑」の解読方法 実は乙女心は単純だったという事実

 

 

ですが、実はこの「女心は複雑」というのは、

女性の価値観・考え方を知ることができれば案外簡単に説明することができます。

その理由を、会話例を元に説明したいと思います。

 

 

女心が分かっていない男性との会話例

 

 

女性「はあ、毎日仕事に家事に疲れてどうにかなりそうだわ。」

 

男性「それなら仕事を辞めればいいじゃないか。

自分の嫌いな事は見切りをつけたほうがいいよ。」

 

女性「違うの。私は今の仕事が嫌いなわけじゃないの。

ただ、いつも色んなことを任されっぱなしで大変なだけ。」

 

男性「無理な時はできないってきちんと言わないとダメだよ。

自分の体調管理もできないと仕事はやってけないよ?」

 

女性「言われなくてもやってるわよ。

でも、今日は友達の事で心配になることがあって、

お見舞いにも行ったりしたし・・・」

 

男性「だからって、自分がこんなに疲れた様子じゃ友人もうれしくないだろう?

なんでも完璧にやろうとするから駄目なんだよ。たまには気を抜きな。」

 

女性「でも、今はあの子も私を頼りにしているから、

放っておくわけにはいかないのよ!」

 

男性「あんたはいつもそうやって、他人に振り回されてるから

毎日不幸そうな人生を歩んでいるんだよ。本当に進歩がないんだから。」

 

女性「何よ!私の事、ちっとも分かっていないくせに!

今みたいに、私の話だってロクに聞いてくれないじゃない!!

 

男性「ええっ!?ちゃんと聞いているよ?」

 

女性「じゃあ何で私の話を遮って聞く耳をもってくれないのよ!もうイヤッ!!」

 

 

女性の気持ちになって接することが「女心」「乙女心」を理解するきっかけになる

 

 

上の会話例を見てお分かりの通り、

男性は当たり前のように悪気なく女性を助けようと話しかけていますが、

女性の立場に立ってみれば、「自分の話を何も聞いてくれないダメな男」

というレッテルを貼られてしまっています。

 

 

安易に女性に対して助言・アドバイスをしてはいけない理由」や

不安で落ち込むネガティブ女性に安心感を与え元気にさせる方法とは?

でもお話ししましたが、

女性同士の会話では「ただ単に真剣に話しを聞いてあげる」ことが、

女性の気持ちを分かってあげることに繋がります。

 

 

例えば、先ほどの会話例であれば、

男性は何か力になろうとアドバイスや解決策を教えるのではなくて、

「うんうん。」「そうなんだ。大変なんだね。」

と、静かに女性の話を聞く姿勢を保っていた方が良かったのです。

(参考記事:男性がつい言ってしまう余計な一言 女性の機嫌を悪化させる言葉例

 

 

 

「女心が分からない。」「乙女心って一体何なんだよ。」

と、移り変わりの激しく見える女性に振り回される彼氏さんや旦那さんは、

女性は「その日その日の感情で生きている」こと、

「話をただ単に聞いて共感してほしいことがある」ことを

心の片隅に置いてみてください。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ