人の価値観を変える声のかけ方 周囲を明るくさせる褒め方のコツ

スポンサーリンク

「一緒にいると楽しい。」

「あの人と会うと、いつも明るい気持ちになれる。」

 

 

そんな魅力的な人間に、今まで出会ったことはありませんか?

 

 

彼らが無意識に、それとも故意にそういう言葉を選んでいるかどうかは

分かりませんが、一緒にいると元気になるのには、

絶対に何か、確固たる理由があるのです。

 

 

今回は、そんなあなた自身も「素晴らしい」と感じる人達が、

一体どうやって周囲の人間を明るい気持ちにさせているのか?

会話の内容・言葉のかけ方の視点から見ていきたいと思います。

 

 

人の価値観を変える 不思議な言葉を投げかけるコツ

 

 

人は、どんなに強い力を持っている人でも、

どんなに優れた能力を持っている人でも、

どんなに完璧な環境を手に入れている人でも、

必ずコンプレックスというものを持っています。

 

 

もちろん、コンプレックスの大きさには個人差はあります。

しかし、少なからずでも自分の弱点を持っていない人はこの世にはいません。

人は誰でも、必ず何かしらのコンプレックスを持ち、心の中に秘めているのです。

 

 

 

「あの人に、自分の価値観を変えられた。」

 

 

世間から「偉い人」「すごい人」と言われている人に会った人の中で、

嬉しそうな顔をしながらこう発言する人がいますが、

これは、自分の弱点の見方を変えられた場合に起こる現象です。

 

 

 

例えば、顔が人一倍大きいことを長年コンプレックスだと思っていた人が、

 

 

「その存在感ある顔があれば、社会へ出たときに必ず役に立つだろう。」

「顔が小さいと、人からどうも好かれず、信頼・信用を得られにくいからな。」

 

 

と、社会で大成功を収めたような大御所に言われたとします。

顔が大きい人は、今までそんな考え方をしたことがなかったため、

 

 

「そうだったんだ!私がコンプレックスだと思っていた弱点は、

実は長所になっていたんだ!」

 

 

と思うようになります。

 

 

このように、今までずっと「嫌だ」と思っていたことが

視点を変える・別の視野から見ることで、全く違うとらえ方になるので、

結果的に「あの人に、自分の価値観を変えられた。」

と感じるようになるのです。

 

 

「視点を変える」「視野を広げる」見方を教えてあげる

 

 

「仕事が遅い」「考えがまとまらない」「いくらでも寝てしまう」

「要領が悪い」「空気が読めない」「頭が悪い」「ガリガリ」「デブ」

「病弱」「短足」「ブサイク」「ブス」

 

 

あなたの知り合いがコンプレックスを打ち明けたとき、

「別にそんなことはないと思うよ。」

と、弱点を否定するだけでも効果はあります。

 

 

しかし、「視点を変える」「視野を広げる」ような見方を教えることで、

あなたの知人は救われた気持ちになり、大いに感謝するようになるでしょう。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ